イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

モルタル造形とスタンプコンクリート完成

Vol. 3,951

おはようございます。
家族の笑顔と絆を結ぶアルチザン
マクス社長の鈴木です。
僕はこんな気持ちで家を作ってます(長いですけど)。

 

すみません…。

本日も富士宮市の販売型モデルハウス
【小泉町家】より

って、いったいマクスの社長は何やってんだ?

 

すみません…。

昨日雨で終わらなかったんで…

はぃ、続きやってました。

モルタル造形の門柱と
スタンプコンクリートのアプローチに
エイジング塗装していました。

 

エイジング塗装というのは
ヨーロッパ発祥の塗装法で

「昔からの美しい街並み
 ツルツルピカピカ
 かっちょわりぃwww」

という美意識から生まれた技術。

 

わざと(←ここポイント!)
ちょっと経年変化したように着彩します。

↑ 昨日やりかけで雨天中止

↓ エイジング塗装完了

真上から見ると…

こんな感じ。

絵でもお化粧でも一緒で、
【シャドウ】と【ハイライト】で
模様の陰影がくっきりと浮き上がってきます。

こっちは門柱のアップ。

 

今回、スタンプコンクリートは
マニュアル見ただけで講習とか
受けてませんし

本来のスタンプコンクリートは
色粉を特殊な方法でスプレーしておしまい
という簡易的な着彩。

でも、
モルタル造形の
カービング(彫刻)とエイジング塗装
は、
TDLやUSJで仕事をしている先生に習いました。

先生というのは例えば
香港のディズニーランドに行って
【現地の職人に実演指導しながら作業】
とか言うレベルという意味です。

海外出張してそういうところで作る
って…

気になりません?

「一日、いくらもらうんだろう…?」

ですよね(笑)

 

で、聞いたんです。私…。

そしたら、聞いてびっくり。

「まじ? そんな安いの…?」

 

日本だけでなく、どうも東洋圏では
職人の地位って低い…低すぎる…。

まぁ、同じ業界側からの意見として

 なぁーんも考えてない
 『だからだよ!』って
 レベルの低いのも居るのは事実。

でも、こんなに高いスキル持ってるのに

・病気や怪我や休業の補償も満足でなく
・休みなく働いても所得は頭打ちで
・さらに安くたたかれたり
・いじめられたり

…これじゃぁ、職人、減る一方のはずだぁ。

 

大工だけじゃないけれど
日本から大工がいなくなったら
木造建築技術は消滅してしまう。

ほんの些細なアガキでも
正社員の社員大工達が一生懸命働いている
って、大事だと思うんです。

 

 

そんな社員大工の気概を感じてください。

【富士市】方形の家 完成見学会

2022年05月11日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.