イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

僕はなぜ家を作るんだ?-01 精算

Vol. 3,759

おはようございます。
頑丈な高断熱住宅を作るマクス
社長の鈴木です。

 

文化の日ですね。

実は本日、結婚記念日。
結婚して20年経ちました。

なんか20年前のカメラ、ショボすぎるな…。
いや、そんなことより、この写真ははハズ過ぎ。
バカ殿みたいに顔が白いぞ?

 

そんな恥ずかすぃ写真を晒してでも
やらなければならないことがあるらしい。

それは「過去の精算」。

 

「今日から生まれ変わるのだ」
とエントリーしてからすでに100日以上。

十数年ブログを書いてきて、
これまでの
「ブログは平日毎日更新」
から
「365日毎日、一日も休まず更新」
にして頑張っております。

 

でも、ただ毎日続けるだけじゃない。

「魂込めて」毎日更新です。

 

言うは易し。
ただダラダラ書くのが魂ではない。

この365日ブログをやるきっかけになった
師匠の板坂裕治郎氏に言われました。

「すーさんはなんで家を建ててるのよ?」

あ、すーさんは私ね。
同業の集まりでもこう呼ばれることが多い…。

 

「仕事だから?そらそーやろ。」

「でも、『仕事だから家作ってます』って人に
 一生に一度の家づくりを頼むか?って話」

「『俺は〇〇だから家を作ってるんだ!』って
 何かが、すーさんにはあるはず。」

「それを見つけ出さなあかんっ!」

 

うーん…。
そうなんだな…。

そして、裕治郎氏曰く、

「その何かは【過去の精算】にある」

とのこと。

 

正直に言えば(書けば)、
現時点で

「はぃはぃはぃ、過去のあれを書いて
 こんな感じに現在の仕事に繋げれば、
 【家を建てる理由】につながるぜ!」

みたいな筋立ては…

全く浮かんでこない。

 

そして過去のことって
何書けば良いんだろう…。

仕事のことを書く以上、
先代、つまり現会長の親父のことも
書かざるを得ない。

ここで親父が死んでればね、
(不謹慎ですみません)
感動的な話にもなるのかもですけど、
ピンピンして好き放題生きてますしね。

こんな確執があって、
まったくもって水と油で…

って、そんな事書いても
読んでくださっている方に
不愉快な思いをさせるだけの
気がするんですよね…。

 

いやはや…
筆が進まない。
(タイプが進まない、か)

 

ただ、
この「過去の精算」をしなければならない
というのは分かるんです。

なぜなら、
家を建てるって本当にエネルギーがいて、
お客様と
深ぁーぃところまで潜っていくわけです。

打ち合わせは常に順調で楽しい!

なんてことは少なく、
みなさん
予算や親との将来の同居など
様々な問題にぶち当たり
夫婦間でガチンコで意見をぶつけあう。

 

その過程で泣き出す奥さんも
決して少なくない。

いや、僕が泣かしたんじゃないですよ?
でも
泣かなかった人の方が、もしかしたら少ない?

 

最終的に家が完成したときには
今度は嬉し涙!
ってなってくれることがほとんどなので
がんばれますけど、

お客さんのプライバシーの奥の奥まで
踏み込んどいて、

「自分のことは隠しとくの?」

いや、ずるいよね、それは…。

 

そう、これが
「過去の精算」をしなければならない
んだろうなーと思う理由です。

 

というわけで
本日はプロローグのさらに前説。

これから休みの日とか
少しでもメンタルに余裕がある時に

「僕はなんで家建を作るんだ?」

そう自問しながら
過去と向き合ってみたいと思います。

 

「なんなんだこいつ…」
と嫌われるかもしれませんけど
いい人を装うより、素顔のままのほうが
楽な年令になってきましたしね。

続きがいつになるかわかりませんし
何回シリーズになって
ゴールがどこかも
全く見えておりませんが
のたうちまわりながら書いてみます。

こんなシンドい家業の妻を20年も
辛抱してくれた家内に心より感謝しつつ。

続く…

2021年11月03日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.