イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

モルタル造形の門柱に真鍮の表札と照明

本日も裾野市の新築注文住宅現場から。

社員大工の丸山の指導の元、新人社員左官の原田&篠原とで、下地を完成させ、私にバトンタッチ。

篠原に助っ人を頼み、一日でモルタル造形。
このままだと、ただのグレーの石なので、

石積み風に塗装。

長方形の茶色はポストの投函口。
その上の金色の四角は、ボカシ入れてありますが表札です。

この表札、真鍮製です。
お客様がお店で一目惚れして。

真鍮は、黄銅とも書き、オウドウとかコウドウとも呼ばれます。
銅と亜鉛の合金で、メッキではありません。

この表札も真鍮の鋳物。
真鍮の代表は5円玉。

英語ではbrass(ブラス)。
サックスやトランペットなども真鍮製で、ブラスバンドと言う言葉はここから来ています。

5円玉でおわかりの通り、酸化によって変色(経年変化)してゆきます。
特に、外で使えば、このピカピカの金色はどんどん茶褐色に。

表札を販売される店舗の方も「濡れる場所だと…」と、それを心配。
けれど、私からはお客様に、
「逆にその経年変化が良いじゃないですか!味ですよ」
とお伝え。

 

実は、右の照明器具も、真鍮製の船舶ライト。
私が表札に合わせて選びましたが、こちらも新品なのでピカピカ。

これが数年経って落ち着いてくると、いー感じの「ヤレ感」が出るわけです。

経年変化、ではなく、経年美、ですね。

この「新品ピカピカだとかえって恥ずかしい」という感覚は、ヨーロッパの古い町並みの改修工事で生まれ、工事の際に、ざわと時を経たように汚しをかけて、自分の家だけかっこ悪く浮かないようにする技術として確立しました。

これを「エイジング塗装」と言います。
石積みもよく見ると、わざと(←ココ重要)雨だれの汚れなどを付けて、エイジング塗装で本物っぽくしています。

真鍮の表札と照明器具が、早く馴染んでこないかなぁ…。

ディテールは、完成見学会でご覧くださいませ。
ちなみに、18(日曜)は満員御礼とさせていただきました。
17(土)の午前はまだ空いております。
「空いている時間はどうしても都合が悪くて無理…」という方は、スタッフお昼休憩の12時からと夕方帰ろうと思っていた16時からの部を急遽用意出来るかもしれませんので、ご相談くださいませ。

4/17,18【裾野市】パッシブソーラーの家 完成見学会

2021年04月07日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.