イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

グラスウールは袋入りじゃない方がいい

Vol. 3,977

おはようございます。
家族の笑顔と絆を結ぶアルチザン
マクス社長の鈴木です。
僕はこんな気持ちで家を作ってます(長いですけど)。

 

先日の「そんなバナナ」は桐の箱入りでしたが

通常、断熱材のグラスウールは袋入りです。

こんな感じでビニール袋に入っていて
袋には「耳」と呼ばれるベロが付いている。

このベロを広げて
柱や間柱に建築用のホッチキスで留めます。

これを「ダメ」と言うのではありません。
でも、袋入りじゃない方が
より「良い」というお話です。

 

富士市の築49年の中古住宅フルリノベーション
Heat20-G3 温熱等級7の
住宅用本格サウナ展示場兼モデルハウスです。
(説明長い…)

グラスウールの外張り断熱をご紹介しましたが
本日は室内の充填断熱。

ビニール袋に入っいない
裸の高性能グラスウールを充填しています。

裸のままではダメ。

グラスウールは調湿性能がほぼないので
このあと気密フィルムを室内側に
しっかり施工する必要があります。

 

コンセントやスイッチ周りは
このような専用の気密ボックスに入れて
この後の気密シートと連続させます。

 

こんな具合ですね。

 

何もないところだと
袋入りのグラスウールでも問題ないのですが
このように換気扇のダクトや
給水・排水管、エアコンの冷媒管やドレン管

などなどが壁を貫通していますので
そういう部分を袋入りのグラスウールで
「隙間なく」
施工するのは、至難の業なのです。

 

さらに室内の角(入隅:いりずみ)などは
下地の石膏ボードの受け桟もありますし。

こんなふうに、あちこちをカットしてから

 

グラスウール充填。

 

こちらの築49年の中古住宅は
「スケルトンリフォーム」
と言って「土台」「柱」「梁」の【骨】だけ
にしてしまったので

「筋かい」は残っていません。

壁はいつものモイス…
と言いたいところですが
工場が止まったとかで全国的に在庫がない。

そこでダイライトで耐力壁を作りました。

 

筋交いがないので
この様なダクトなどがあっても
なんとかなるのですが

もし、筋交いがあったら…
もちろん新築もですが

以前こちらのブログで
リノベーションでセルロースファインバー

ご紹介しておりますが、筋交いがあると
もう袋入りのグラスウールは
正しく施工するのなんてほぼ不可能なんです。

 

一度裸のグラスウールを使ったら
袋入りには戻れません(笑)。

少し高いし
工事は少し面倒。

でも、暖かい家、作りたいじゃないですか。

そうすると、やっぱり
グラスウールは裸の方がいいですよ。

 

人間は…
酒のんで裸になるのは厳禁ですけどね。
五十路ですからもうしません!「もう」て…(汗)

 

足の裸、素足が気持ちがいい無垢の板。
気持ちが良いのはなぜ?

でも、同じ無垢でもこんなに違う…
ってお勉強は今週末土曜日です。
午前中の部は満員御礼です。

6/11(土曜)【素材の選び方教室】

2022年06月06日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.