イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

僕はなぜ家を作るんだ?-17 鼻水

Vol. 3,850

おはようございます。
家族の笑顔と絆を結ぶアルチザン
マクス社長の鈴木です。

 

家づくりとは関係ありませんが
過去の自分を振り返り
なぜ「家を建てる仕事」を生業にしてるのか?
を考えるシリーズです。

なのに…なんだこのタイトル…???

 

何度も生死の境をくぐり抜け
退院してきた娘
家族にとって、まさに奇跡の子。天使。

二人の兄ちゃんたちも
とても大事に可愛がりました。
写真は富士宮の浅間さんへの初参り。

 

退院後も、様々な病気は心配だったのですが
何より心配だったのは…

「呼吸が止まること」

この写真は退院間近のものですが
授乳の訓練。

なぜ訓練が必要かと言えば
ミルクを飲むのに必死で
呼吸を忘れる?のです。

超ちっちゃな赤ん坊なので飲むのも遅いのですが
「飲む」ということに力が足りない。

飲んでるな…と思うと
サァーっと顔色が悪くなり、チアノーゼになる。

看護師さんは
「ほらほら…息吸うの忘れちゃダメよー」
とかいいながら
お尻をペチペチペチ…
「はぃ、戻ってきた~」

って平然と対応してくれますが
それを見ている私のほうが真っ青…

看護師さん
「ははは…お父さん、びっくりしちゃったぁー?」

 

いや…
まぢ心臓止まるってば…(滝汗)。

 

生まれてしばらくは極小の酸素マクス
に繋がれていましたが
酸素マスクが取れてからも、睡眠中
ちょくちょく呼吸が停止し
そのたびにアラームが鳴ると看護師さんが
おしりペンペン…だったそうで(怖)。

 

それがなくなってようやく退院となったわけですが
先生は「もう大丈夫だって」と言いますが

「いやぁ…でも怖いです!」

とお願いして、

退院後こんなのをレンタルしていました。
「乳幼児体動モニタ」
と言って、15(20)秒間無体動を検知すると
アラームが鳴るというもの。

センサーが外れてもアラームが鳴るので
夜中に何度も起きました。

でも、アラームで起きて娘の無事を確認して
なでなでしてまた寝る。

なんて幸せなんだ…!!!

そんな毎日でした。

 

 

これ ↓ ご存知ですか?

まぁ、子育てしたことある人なら
皆さんご存知でしょう。

赤ちゃんの鼻水を吸い取る道具。

前職の先輩に赤ちゃんが生まれた時
家に行ったら先輩がこれをやっていて

「うぇ…キモチワルっ!」

って言ったんですね。

「なんでやねん!容器に貯まるだけやろ!」
そう先輩には言われて
まぁ原理はそうだろうけど…
と思いました。

 

なのに…

実際に自分に子供が出来ると
全然気持ち悪いだなんて思わない。

そもそも


丹平製薬 ママ鼻水トッテ

こんなに機嫌よく鼻水吸わせてくれない(笑)。

娘のすきを狙って
娘の鼻に口をあてて
「スッ!」
っと吸って、流しに「ぺっ」

これだと娘は嫌がらない。
(早業なので何が起こったかわからない)

 

親になると、こんなに変わるもんなんだなぁ…

 

えーと…
「それが家づくりとどう関係あるの…???」

という声が聞こえてきそうですが

すみません。
私もちょっと着地点を見失って
脱線しておりますが
そんな
「家族の悲喜こもごもの歴史を紡ぐ場所」
こそが

「家」

なんじゃないかと思うわけです。

 

続く…

2022年01月30日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.