イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

僕はなぜ家を作るんだ?-16 誕生

Vol. 3,838

おはようございます。
家族の笑顔と絆を結ぶアルチザン
マクス社長の鈴木です。

 

家づくりとは関係ありませんが
過去の自分を振り返り
なぜ「家を建てる仕事」を生業にしてるのか?
を考えるシリーズです。

 

前回は
とても辛い思い出を書かせていただきました。

妻の陽子を少しづつ元気にさせたのは
私ではなく二人の息子たちだったと思います。

特に、お調子者の長男坊。

常に「母ちゃん…母ちゃん…」と
笑わせていたような…。

 

娘が亡くなって2年後
再び女の子を宿した陽子ですが
再び、原因不明の羊水不足となり
長期入院を強いられます。

 

お袋が泊まり込みで手伝いに来てくれたものの
息子二人との生活はなかなか大変でした。

毎日は病院に見舞いにも行けず。

仕事があるので長居もできません。
ちょっと話して、また来るね…と。

 

病室では明るく振る舞う息子たちですが
病院のエレベーターを降りて
駐車場に向かう頃には
「オレ泣きそうだった…」
と、こらえきれずに長男がベソをかき始めます。

するとすかさず次男坊が変な踊りを踊って
長男を笑かそうとします。

何にも教えたわけじゃないのに

「自分が泣くと母ちゃんが可愛そう」
だとか…

「アンちゃんが悲しいときは弟のオレの出番」
とか…

チビの兄弟がなんともたくましく思えました。

 

ただ、病院でひたすら安静にしていた陽子ですが
以前と全く同じように羊水はなくなり
以前と全く同じように救急車で順天堂病院に運ばれ
以前と同じように緊急手術が決定しました。

ただし今回は、翌朝手術、ではなく
救急車で運ばれたその日、即、帝王切開。

夕方まで待つように言われましたが
結局呼ばれたのは夜中。

待っている時間が無限の時間に感じました。

 

娘はまだ23週と6日。
予定よりも三ヶ月半も早い出産でした。

その体重、わずか530g。
体長は35cmほど。

日本の未熟児医療はかなり進んでおり
医療は日進月歩ですが
当時の新生児医療では、

・生きて退院できる可能性は半々

・助かったとしても、
 網膜・脳・肺・心臓・腸・血液・脊髄等々
 様々な障害が出る可能性が高い

NICU(新生児集中治療室)の保育器の中の娘は
沢山のチューブに繋がれ
生きているのが不思議なくらい。

人工呼吸器での呼吸でしたが
必死に心臓と肺を動かし
『生きる』と言う事を精一杯やっているのが
ひしひしと伝わってきました。

何もしてあげらず
ただただ泣きそうでしたが
それでも泣かなかったのは
娘が頑張ってるのにお前が泣いてどうする
という思いだけでした。

これは、生後25日くらいの写真。

もしも、ですけど
自分の心臓で娘が助かるなら
何の躊躇もなく心臓だってあげる。

そんなふうに思えた自分に
「親ってこんなふうに思うもんなんだな…」
と妙に感心したのを覚えています。

NICUには親しか入れません。
兄ちゃんたちは一度も、一言も駄々をこねず
外でおとなしく待っていました。

病院で、初めて沐浴をさせてもらった時の写真
もう…愛おしくて愛おしくて…。

 

けっきょく生まれて3ヶ月半入院し
ようやく家族が揃った時の喜び。

ちなみに、このスタイとよだれかけは
僕が夜な夜な手で縫いました(笑)。

退院の時のNICUのスタッフの方々と。

 

NICUの先生と看護師さんには
もう感謝してもし尽くせないほど
お世話になりました。

若い看護師の方がポツッと言っていた言葉
「あ、なんか今日随分お見舞いが
 多いと思ったら大晦日だったのか…」

えーーーーっ!!!

看護師さんたちの自分を犠牲にした献身で
支えられているんですよね…医療って。
(それに頼っちゃいけないはずなんですが)

 

退院後、未熟児を育てるのは色々大変なので
その親の会があったのですが、
そのイベントでのNICUの先生の講演で
こんな話がありました。

「先日、TVを見ていてNICUのことが
 放送されていました。
 そこで、障害を持って生まれ、
 少しして亡くなってしまった赤ちゃんの
 お母さんが、
 『それでも先生には
  おめでとうって言ってほしかった』
 そう話していまして、
 僕はそんな場面でやっぱり
 おめでとうと言えないよな…」

と、最後は言葉をつまらせて涙を流す先生に
なんて尊い仕事なんだ…
と深い感謝と感銘を受けました。

 

同時に思ったのです。

自分の仕事って、NICUの方たちと比べて
どうなんだ???
原価だ利益率だって、なんだよそれ…と。

 

続く…。

2022年01月23日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.