イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

僕はなぜ家を作るんだ?-15 慟哭

Vol. 3,831

おはようございます。
家族の笑顔と絆を結ぶアルチザン
マクス社長の鈴木です。

 

過去の自分を振り返り
なぜ「家を建てる仕事」を生業にしてるのか?
を考えるシリーズです。

ただ、本日の内容は、夫婦にとっては
正直書きたくない内容であり

特に妻の陽子は辛いだけの内容のはず。

それでも、なぜ書くのか?

もし、周りに同じ境遇の人がいたら

「こうしてあげて欲しい…」

という気持ちがあって
それが伝われば、少しでも
同じ様に辛い思いをする人が減るのでは…

そんな想いからなんです。

陽子も、「だいぶ時間も経ったしね…」
と言ってくれました。

 

 

前回、二人の兄弟の事を書きましたが
「やっぱり女の子も欲しいね」
というのが夫婦の共通の願い。

すると願い通り、女の子を授かりました。

ところが、兄弟の時は何の問題もなかったのに
妊娠中早い段階から、原因不明で羊水が不足し
切迫流産で長期間の入院になってしまいます。

毎日羊水をチェックするのですが
もどってくる兆しが見えない…。

ヒリヒリするような毎日を過ごしていると
「これ以上は危険」との判断で
順天堂病院に救急車で転院になりました。

 

この時は知らなかったのですが
静岡県は順天堂病院と県立こども病院の
2つの病院の新生児・乳幼児の医療が
かなり進んでいる県なんだそうです。

順天堂で診ていただくと

まだ帝王切開で産むには早すぎるが
お腹の中にとどめておくのも限界に近い

との判断で、翌日帝王切開することになり
私だけ家に帰りました。

 

翌日早朝。

家内から電話があり

「診断をしたら
 赤ちゃん亡くなっちゃったんだって…」

あの時の、陽子の悲痛な電話の声は
今も忘れられません。

 

娘は亡くなってしまいましたが
促進剤で分娩をしなければなりません。
陽子の辛さは
男の僕には想像ができませんでした。

ただ
病室に着いて冷たい我が子を抱いた時
僕の何倍も辛いはずの陽子の事を考えて我慢しよう
そう思っても、やはり
泣くのを我慢することはできませんでした。

 

陽子は、庭にあるお客様から頂いた
花梨の木に成る実で長男が遊ぶ姿から
「花梨」と名前を付けました。

 

辛かったのは

役所に届け出を出さなければならないこと

火葬場で我が子を荼毘に付すこと

長男が
「花梨ちゃんに会いたい」と泣いたこと

我が子の事をを知人に知らせること

色々有りました。
でも一番辛かったのは

「水子に名前をつけちゃダメ」
「お墓は…お骨は…こうすべき」

と、
「あなたのことが心配なのよ」
という顔で助言をしてくる人の
相手をしなければならないこと。

内心、殴ってやりたかった…。
「ほっといてくれ!」と。

 

自分たちにそういう事が起きて
初めて知ったのですが

「実は私も昔ね…」

という方が多くて
「あぁ、やっぱり出産て命がけなんだな」
と思ったのでした。

 

もし、知り合いが辛い立場にある時
寄り添って悲しみを分け合う事ができるのは
結局、家族でしかないのでは…

家族でなければ
「そっとしておいてあげる」
というのが、一番の優しさなのじゃないか?

僕はそう思います。

独身時代から飼っていた二匹の犬のうち一匹が
娘と同じ日に旅立ちました。
一緒に付いて行ってくれたんだなぁ…と
何度も「ありがとう」と泣きながら言いました。

 

日々の生活は
どんなに悲しいことがあっても続きます。

今はなくなりましたが
当時富士市は夕方5時になると「七つの子」が
放送で流れて子供が家に帰るのを促していました。

妊娠中にお腹を擦りながら七つの子を
歌って聞かせていた陽子は
この放送の度に一人で泣いていました。

 

それでも元気になっていったのは
二人の息子達(特に長男坊)の底抜けな明るさ。

子どもたちに支えられて前を向けました。

家族って、こうして支えあっているんですね。

 

お医者さんからは原因は不明だけれど
「諦めることはないと思います」
との診断をいただき、

「やっぱり娘がほしいよね…」

そう私たち夫婦は思うようになります。

 

ところが
それはとっても大変な事だったのでした。

続く…。

2022年01月16日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.