イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

屋根の通気は壁より大事

本日は富士市の新築注文住宅から。

一昨日は煙突をご紹介しましたが、本日はその煙突がついている屋根。

上の写真のガラスが付いた箱は、パッシブソーラーシステムの「びおソーラー」ですが、その上に3つ、出っ張りがあります。

こちらは屋根の裏側、軒(のき)です。
樋の先端までだと1.4m出ている深い軒ですが、指差しているのは軒の付け根。

こんなふうになっています。

ここに、隙間が空いていて、コウモリなどが入らないように網がついているのがおわかりいただけますでしょうか?

ここは空気の入口。
先程の3箇所は空気の出口。

屋根の裏側の小屋裏の空気は、壁の裏側の空気(通気層)と一緒に、先程の3箇所から抜けるようになっています。

室内で生活していれば、必ず湿気が出ます。

調理・お風呂・洗濯・お花に水やり・そして人の呼吸でも。
4人家族の場合、洗濯物を外に干しても、毎日一升瓶5本分ほどの水蒸気が出ると言われています。

24時間換気が稼働しているので、多くは室外に排出されるのですが、暖かく湿った空気は上昇するので、少なくない量の水蒸気は、必ず小屋裏に到達します。

その湿気を逃がすのが冒頭の3箇所の出口。棟換気口と言います。

この出口がないと、屋根の下地の野地板は見事に腐ります。
嫌というほどリフォームで見てまいりました。

屋根の換気は、壁の換気よりもずっと大事なのです。

で、びおソーラー。
ここに最終的に空気が集まり、冬は暖かい空気を、夏は涼しい空気(夜の放射冷却)を床下に送ります。

こちらは屋根の裏ではなく表。
面といっても、下地と仕上げの板金の間の空気層。
こちらの空気の入口は、先程の指差す部分ではなく、赤丸の部分。

空気をうまく使ってあげて、家を長持ち&快適にさせる技術です。

土日は裾野市で完成見学会ですが、暑くも寒くもないこの季節、パッシブソーラーの気配は感じないことでしょう。
ちなみに夕方含め全ての時間が埋まりましたので、満員御礼でご予約お申込みは締め切らせていただきました。
ご予約いただいた皆様ありがとうございます。見学会をお楽しみに!

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.