イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

基礎断熱の施工

本日は、富士市の新築注文住宅の現場から。

以前の【コンクリート一体打設の基礎の意味】というエントリーでの写真ですが、

コンクリート打設完了。
写真のアングルが逆ですが、地中梁は地中にある梁、ですから当然見えなくなっています。

上の写真2枚を見ていただくと、外周部のみ、水色で、内部は金属製なのがお分かりいただけると思います。

これは一体打設時に、外周部の内側の5cmの断熱材が、型枠を兼ねているからです。

マクスの建物の基礎断熱の必要厚さは10cmですので、あとから5cmを足します。
施工上、10cmの断熱材が使えないため、後から足しています。

さらに、内側の基礎の折り返し部分も断熱し、底版(耐圧盤)の外周部も断熱します。
スカート断熱と言います。

社員大工の宮崎が得意げな顔をしていますが、立上りの断熱の上部には、さらに蓋のような感じで断熱。

こうすることで、計算上は出てこない、2cmの気密パッキンからの熱の伝わりを防ぎます。

【基礎断熱と床下断熱の違い】というエントリーで以前書いておりますが、

こんな感じでシミュレーションをすると、こういう細部が効いてくるのが分かるんです。

 

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.