イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

透湿ルーフィングの釘穴止水性

週初めから、マニアックなテーマですみません。
でも、こういう地味で見えない部分のこだわりが結構大事。

というわけで、先週に引き続き、御殿場市で進行中の注文住宅から。

先週末は、この写真で終わりました。

銀色に見えるのは、万が一、ガルバリウムの屋根材の下に雨水が入っても、速やかに雨水を流して排出させるための防水ルーフィング。
このルーフィングは、【透湿ルーフィング】という特殊な防水シートです。

この銀色、ポテチの袋の裏側と同じなんですが、アルミ蒸着と言って、アルミニウムの粒子が薄っすらくっついています。

これで「遮熱」を営業的な売り文句にしているのですが、アルミ「箔」ならともかく、アルミ蒸着など、測定できるほど温度なんか下がりません(笑)。
結構実験してるまじめな工務店の人多いので、調べてみるとわかりますよ。
単体で熱源の前においたりする実験と、実際の屋根での実験は、条件が違いすぎるんです。

まぁ、あんまりいじめすぎると、このシートの営業が泣くし、「じゃぁなんで使うんだよ!」ってなりますので、その採用の理由を。

以前、「遮熱には期待していない」という記事のブログでエントリーしたのですが、アルミ蒸着が酸性雨でボロボロになってます。

この蒸着には全く期待しておらず、このシートの「透湿性能」、つまり、湿気を逃がす性能に期待しております。

まだデジカメの画素数が荒い頃の古いリフォームの写真ですが、野路板の合板が湿気でベロベロに。

こっちは湿気でグズグズに。

暖かく湿った空気は上へ上へ登りますから、その対策を考えておかなければ、家が長持ちするはずがありません。

調湿性の高い材料(木質繊維断熱材とか)を使う、
できるだけ無垢材を使う、
素材を現しにして湿気がたまるところを作らない、
空気層を設ける、

この辺が耐久性から見た湿気対策ですが、さらに、
「防水性は高いけど、透湿性も高い」
そんな防水シート使えば完璧じゃん!って話です。

そこで、透湿ルーフィングの出番ですが、今までの透湿ルーフィングって、釘やタッカーの「穴」に弱く、そこから水が漏れるので使わなかったのです。

じゃぁ、このシートは…?

ってことで実験したのがこれ。
釘を突き刺しています。しかも折れ目で一番弱そうなところに。

こっちは釘ではなく、ビス。
ねじ込みました。

で、パイプの上に水を入れ、下から空気を送ってみるとどうなるか?
動画でご覧ください。

ちょっとビックリですね!
これなら安心、と思って最近使い始めました(まだ2棟目です)。

ちなみに、アルミ蒸着自体は、くっそ弱いですが、シートそのものの耐久性は、とてもいいデータが出ています。

 

マニアックで地味な内容でしたが、そんな地味なところが家づくりでは大事だったりするわけですね。

そうして真面目にお仕事して完成したお宅の見学、そう、完成見学会のお知らせです。

マクスの完成見学会は、全て完全予約制です。
事前にお申し込みください。
お申込みの方にのみ、詳しい地図を送らせていただきます。
詳細は、下記のバナーより、お申し込みページをご覧くださいませ。

三軒連続完成見学会第一弾【伊豆の国市】大開口リビングの家

三軒連続完成見学会第二弾【富士市】スキップフロア家

三軒連続完成見学会第三弾【富士市】大開口リビングの家

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.