イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

小屋裏エアコンならぬロフトエアコン

Vol. 4,027

おはようございます。
家族の笑顔と絆を結ぶアルチザン
マクス社長の鈴木です。
僕はこんな気持ちで家を作ってます(長いですけど)。

 

すごい技術かも?だけど
馬鹿馬鹿しすぎて
朝から吹いた(笑)。


ねとらぼより

ラーメン二郎の
「レンゲ」だけを消す技術だそう。

単純な画像処理かと思いきや
撮りためた9万枚の画像を
AIに学習させ
レンゲの「向こう側」
を作り出しているそう。

情熱の捧げ方のクセがすごい(笑)。

 

住宅におけるすごい技術で
最近注目なのは
「小屋裏エアコン」。

「床下エアコン」が流行ったけど
やはり夏は効かないので
今度は「小屋裏エアコン」
なのだぁ~!ってことか。

 

でも、そんなすごい技術なのか?
ちょっと考えてみましょう。

 

本日も昨日に引き続き
富士宮市の注文住宅の現場から。

昨日の写真で美装職人が
磨いていたのは…

 

はぃ、一階の洗面化粧台。
オーダーメードです。

 

二階の洗面化粧台は…

やっぱりオーダーメードで。

その向こうには
大工が作った本棚が見えます。

 

壁厚も使い吹抜に面したテーブル
の背中側を本棚スペースに。

 

その吹抜はこんな感じ。

ボルダリングばかり目立ってますが
吹抜があることで
光と風が抜ける。

この時期、
熱い空気は軽いので上へ…

 

ロフトの窓からさようなら。
毎度おなじみ「重力換気」
といいます。

 

以前も書かせていただきましたが
静岡県民ならみんな知ってる
「登呂遺跡」

SBSより拝借

東南アジアに古くから見られる
入母屋というこの屋根の形は

三角の部分(妻といいます)から
「排煙」をするのが
当初の大きな目的だったはず。

でも同時にアジア特有の
蒸し暑さ解消のためでも
あったはず。

重力換気は
「大昔からの知恵」なんです。

 

そして現代には「エアコン」
という優れた機械がある。

 

冒頭の「小屋裏エアコン」
と言うのは、小屋裏をエアコンの
チャンバー室として使い、
そこからダクトで家中に
冷気を送る、というシステム。

シンプルだけど効果的。

 

ただその分、知識なく作ると
結露や冷気のショートサーキット
で効かないことも有るので要注意。

 

間取りによっては
そんな難しいこと言わずに
「ロフトにエアコン付ければOK」
って場合も。

例えばこちらのお宅なら
断熱性も高いので
ロフトの小さなエアコンの冷気が
階段室を通って
二階のホールへ…

そして吹抜と階段から一階へ
と、効率よくまんべんなく
冷気を家中に回してくれます。

 

こういうのは、壊れた時も考えて

シンプルイズベスト!

ですね。

 

複雑なものは壊れた時に
・作った人じゃないと直せない
・メーカーも廃盤でもう部品がない
なんて事が当たり前に起こる。

私がおじいちゃんになって
わけ分からなくなっても
誰でも簡単に直せるのがベスト!

 

まだおじいちゃんじゃないよ?
(物忘れヒドイけど…)

2022年07月26日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.