イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

ドイツの高性能樹脂サッシ ユニルクスの取付

Vol. 3,989

おはようございます。
家族の笑顔と絆を結ぶアルチザン
マクス社長の鈴木です。
僕はこんな気持ちで家を作ってます(長いですけど)。

 

サウナ人気はとどまるところを知りませんねぇ。

ジムも人が戻ってきていて
サウナもいつも混んでいるようになりました。

そうなると…
やっぱりプライベートサウナ!

自宅にサウナがあったら
素敵ですよねぇ~!!!

 

はぃ、静岡県初住宅用本格サウナの展示場で
マクスの新しいリノベーションモデルハウス
「プラスサウナ®」
からでございます。

 

築49年の中古住宅をフルリノベーションで
2025年から始まる新温熱等級の最高等級7
をクリアしようというリノベーション。

窓は全窓、ドイツの高性能樹脂サッシ
「ユニルクス」
です。

充填断熱も付加断熱も終了し
やっとサッシの取付です。

建物にサッシを取り付けるため
巨大なFIXのガラスを
いったん外しているところです。

映ると支障のある(本人自己申請)とのことで
顔が「サ道」になっている人がいますが
気にせずスルーしてください。

 

日本の樹脂サッシに比べてガラスが厚いので
まぁとにかく重い。

男三人だと怖いので、ユキちゃんと祭ちゃんも
手伝いに来てもらいました。

 

日本のサッシとの一番の違いは
取付けるフィンが無いこと。

柱と柱の間に取付ける「間戸=窓」
 と
壁に風(Wind)の通る穴を開ける「Window」

という考え方・建築の構造そのものの違い
から来ているのですが
そのご説明は、動画にてまたの機会に。

とにかく上の画像見ていただくと
隙間が空いてますよね。

 

設置してしばらく経った窓は
空いていません。

 

写真のピントが合っていなくて恐縮ですが
湿気と温度で膨れるドイツの特殊な
パッキンを使っています。

このパッキンで、気密・水密を取ります。

 

もう一つ違う点はサッシの堅牢さ。

樹脂サッシの中に鉄の芯材が入っています。

なので、鉄キリで穴を開けて、ごっついビスで
躯体に取付けます。

日本のサッシと取付け方が全然違います。

 

何とか取り付け完了。
あぁ…とにかく重かった…。

ヒーヒー言いながら取り付けしている様子は
また後日動画にて。

2022年06月18日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.