イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

社長になってから一番の反省かも…

Vol. 3,985

おはようございます。
家族の笑顔と絆を結ぶアルチザン
マクス社長の鈴木です。
僕はこんな気持ちで家を作ってます(長いですけど)。

 

昨日の続きです。
珪藻土メーカー社長の井筒さん
との話の中で
私、ほんと、社長になって一番反省しました。

 

勉強会「素材の選び方教室」を開催したのは
富士宮市の販売型モデルハウス「小泉町家」

このモデルハウスは若手社員大工たちを中心に
工事を進め、ゼロから完成までの一連の流れを
体に叩き込む、
というのも目的の一つでした。

内装の仕上げはいつもの
自然素材だけで出来た珪藻土「湯布珪藻土」。

 

珪藻土塗りは、下地から全て
社員大工の康佑と隆成の二人で「社員左官」
になって施工しました。

以前にも二人は井筒さんから現場で
直接指導を受けており
今回モデルハウスで井筒さんは仕上げを見て
どう思ったか?

聞いてみました。

 

すると、
井筒
「いや、ほんと、驚きました。
 お世辞抜きで
 すごくいい仕上がりだと思います。
 ここまで成長してくれて嬉しいです。」


「そう?
 じゃぁあいつらに電話しよう」

隆成
「もしもし…」


「もしもし!
 説教だ。
 ちょっと待ってろ…」

井筒
「珪藻土の井筒です」

隆成
「あ、お世話になります…。」

井筒
「モデルハウス、今日見ました。
 いや、ほんと、お世辞抜きで
 すごくいい仕上がりだと思います。
 他の工務店さんの左官屋さんと比べても
 遜色ないです。
 なにか、施工上工夫とかしたんですか?」

隆成
「まじっすか!
 いや今回、康佑くんとどう施工するか
 結構話し合ったんです。
 社長が鱗模様のパターン嫌いなので
 どういうパターンにするかとか
 どう塗って二人のパターンを同じするかとか。」

井筒
「僕もアドバイスしようと思って
 細部までよく見させてもらったんですけど
 文句ないです。
 他の工務店さんに
 技術指導をお願いしたいくらいです。
 メーカーとしても本当に嬉しいです。
 お礼を言いたいです。
 ありがとうございました!」

隆成
「ほんとっすか!!!
 ありがとうございます!!!」

 

で、私に電話変わる。


「お前、調子乗んなよ(笑)」

 

とまぁ、こんな電話のやり取りだったんです。

後から電話がかかってきた康佑も
ほぼ同じやり取り。

二人共、すごく喜んで
嬉々として自分たちの工夫した点を
井筒さんに話すんです。

こんなに嬉しそうに話す二人を
今まで見た(聞いた)ことがない…。

 

そして二人が最後
私に言った言葉も同じでした。

隆成康佑
「ま

えー!!!
「俺、そんなに怒ってないだろぉー!」

 

井筒さんからも
「もっと褒めてやってくださいよぉ~」
と。

 

そ、そんなに褒めてないかな…(汗)。

たしかに、
「見ろ!こういう所だ!」
「こういう所がまだまだ甘い!」
「ここを気を抜くとプロの仕事と言えん!」

そんな風にしか言っていなかったかも…。

いや、言ってなかったな(滝汗)。

 

特に今の若い子は
もっと、褒めて伸ばしませんとね。

おだてるんじゃなく
良いところは良いところで褒めて
その上で
「もっとこうすればさらに良くなる!」
こうでなくっちゃだめ。

うーん、分かってるようで
まったく、
これっぽっちも、
実践できていなかった…。

ごめんね。

たまには、盛大に褒めよう!
「まぁ、頑張ったな…。ヨシヨシ」

 

深く反省した次第です。

 

うーん、なんでこんなに
褒めるのが下手くそなんだろう…。

あ、私自身
前職では上司に

「アホ・ボケ・カス」

と、毎日言われながら仕事してたからだ!

そうか、ボスのせいだ。
じゃぁ仕方ないな。
みーんなボスが悪い。
僕のせいじゃない(笑)。

そんなボスも、もうすぐ定年退職。
お疲れ様でございました。
育てていただいたこと
今でも、心より感謝しております。

でもあの時もう少し優しく…
あ、いえいえ

いつまで経っても社長らしくなりませんが
反省して精進いたしますので
今後ともご指導くださいませ。

2022年06月14日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.