イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

富士市で断熱等級7のリノベーション開始

Vol. 3,937

おはようございます。
家族の笑顔と絆を結ぶアルチザン
マクス社長の鈴木です。
僕はこんな気持ちで家を作ってます(長いですけど)。

 

政府は、4/22の閣議で省エネ法改正案を決定。
2025年度以降、現行の高断熱住宅の基準が
義務化されることになりそうです。

と、昨日と同じ書き出しにしてみましたが
現行の高断熱住宅の基準がレベル4
とすると、

等級4:現行の高断熱住宅

等級5:ゼロエネルギーハウスの基準

等級6:ヒート20-G2レベル

等級7:ヒート20-G3レベル

となります。

 

5はすでに始まっています。
なので、現在の断熱の最高ランクは5
となりますから、
某大手ローコスト住宅会社が

「すべての性能で最高等級!」

と宣伝しているのはウソになります。
まぁ、絶対に競合しないので、早く直したほうがいいよ…としか思いませんけど。

 

現在、マクスの新築住宅は何年も前から
すでに等級6はクリアできています。

じゃぁ、どうせなら最高の7にする?

ってことになりますが
私はこの等級7はオーバースペックだと
感じています。

つまり、費用対効果が悪すぎると。

 

イメージですが、静岡の等級6で
現行の北海道の高断熱住宅の基準(等級4)
くらいです。

これでも、冬に日照時間が長い静岡では
十分暖かいし、光熱費も劇的に
下げることができます。

 

さらに等級7にすれば、確かにさらに
暖かいですが

6→7にレベルアップするためにかかる費用

6→7にしたことによる光熱費の削減効果

を比べると、もとが取れないよね?
という意味で
費用対効果が悪すぎると判断しています。

 

ただ…

「等級7で建てたことあるの?」

って言われた時に

「いやぁ建てたことはないんですけどね」

じゃぁ、説得力がない。

 

そこで!

新築より難しいリノベーションで
断熱の等級7をやってやろうじゃない

というのが今回のプロジェクトです!

まずはこの住宅を解体して…

丸裸ぁーーー!!!

骨組みだけにしました。
「スケルトンリフォーム」
と言います。

さぁ、上棟開始。

40年近く前の建物ですから
耐震性は、ほぼゼロ。

屋根も解体して
天井上でガチッとかためます。

水平構面という考え方です。
水平構面があって初めて
壁の耐力壁が効果を発揮します。

こういうことですね。

 

今回のお話は耐震性ではなく断熱性。

この水平構面に気密テープ(黒)と
発泡ウレタンで気密を取って
この上に、セルロースファイバー断熱をします。

分厚くね。

 

この先、今回のリノベーション工事が
どう進んでゆくか
乞うご期待です!!!

 

 

のまえに、新築住宅の完成見学会です。

【富士市】方形の家 完成見学会

2022年04月27日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.