イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

僕はなぜ家を作るんだ?-23 家族

Vol. 3,892

おはようございます。
家族の笑顔と絆を結ぶアルチザン
マクス社長の鈴木です。

 

過去の自分を振り返り
なぜ「家を建てる仕事」を生業にしてるのか?
を考えるシリーズ。

よし、一旦、最終回にします!

一旦てしたのは…

自分の中で過去を精算して、あぁスッキリ!

Mさん
そうかっ!
僕はこのために家を作ってたんだ!

って涙を流して喜びました。
メデタシメデタシ

みたいになっていないので
とりあえず、現時点での結論!
てことで。

 

そもそも、50過ぎたオッサンの僕が
なんで過去を振り返って内省し
仕事の意味を考える必要があるわけ…?

って話です。
「だって仕事だもん。」
「生きてくため、生活してゆくため」
に決まってるじゃん?

が!
そうではない。

この◯クザみたいなおじさんは言いました

「生活のために仕事しているやつなんかに
 一生に一度の家づくりを頼みたいかぁ?」

そ、そうですよねぇ…(汗)

 

こうして
自分の過去からを振り返る旅スタート

なんだかんだ4ヶ月以上
日曜日は内省の日
みたいにしてきましたが

読んでくださった方が
どう思ったかは分かりませんが…

しんどかった…

 

社員大工の康佑は
「あのシリーズ面白いっす」
とか笑うし
おめぇ、人が苦しんでるのに笑うなゴラ!

設計の祭ちゃんは
「あんな事書いて誰も得しませんよね?」
って大丈夫?って目て見るし
哀れみの目で見ないで…

退職した総務部長まで
「あんな事書くべきじゃないのに…」
って家内に心配してLINEしてくるし
いやいや、僕だって書きたくて書いてるわかけじゃさぁ…

お袋は
「私が悪かったぁ…」
とか家内に泣いてLINEしてくるし
んなこと言ってねぇだろ!アホか!

 

まぁとにかくですね…
ほんとしんどかった…。

 

自分自身
「なんでこんなこと書いてんだ…?」
って思いながら書いてたんですが、

この◯クザみたいな人のもとで学び、
一緒に365日ブログを書き続ける仲間の一人
セラピストの「いのり姐さん」から、

「この本、読んでみなはれ」

と言われた一冊の本。

僕はスピリチャルな話は好きではないので
この本を読んで「…」と思う部分は
多々ありました。

けど、深く心をえぐられる部分も…。
それは書き出しから

 

あなたの子供時代の記憶に
笑顔の家族は存在するだろうか?

”ありのままのあなた”
を無条件に受け入れてくれる
両親の愛は存在するだろうか?

そんな家族の中で
子供のあなたは何を思い
どんな未来の人生を夢見たのだろうか?

 

書き出しから思考をフリーズさせられた
そんな本、今までなかったかも(汗)

【家族5人で笑ってた記憶…?】
うーん、あるような無いような…。

【ありのままの自分?】
長男だから、みたいなの、あったのかなぁ…?

【どんな人生の夢を見た…?】
これだ!って、なかったよね?(汗)

 

 

この本の中には、こうもありました。

子供であるあなたが
親を許す必要はありません。

親を許そうとするとき
あなたは自分をこの世に誕生させてくれた
生命の源よりも大きな存在
になろうとしていることに気付いてください。

それはどう考えても不可能な努力です。

 

ふむ。なるほどね…。

曾祖父さんは知らないけれど、

爺さんと親父は、
勘当だなんだと過去にはあったようで
ほとんど会話はなく、
爺さんが痴呆で施設暮らしになって
ようやく話をしていた。

親父は今から絶対に施設に入りたくないと
周囲に公言しているらしい。
情けねぇなぁ…。

そんな親父とも
話さなくなって何年経つだろうか…。

 

あなたの子供時代の記憶に
笑顔の家族は存在するだろうか?

別に、親父もお袋も恨んでなど居ないし
許す存在でもなさそうだ。

世の中にはいろんな家族のカタチがあり
みんな理想の家族のカタチを探している。
きっとね。

 

僕もきっと、
笑顔がいっぱいの家族じゃなかったから
笑顔がいっぱいの家族のカタチを
探し続けてきたのかもしれない。

これ、鈴木家の今年の年賀状。

「よし、全員で写真撮りに行くぞ」

というとゾロゾロついてくる。

まぁ、誰もが羨む仲良し家族!
じゃぁないけれど
家族仲良く、暮らせてるんじゃないだろうか。

 

この仕事を初めて二十数年。

自分からやる、と言い出したくせに
というか自分からやると言い出したので

親父に対して

「あんたの作った膨大な借金を俺が返してるんだ
 それなのに、なんだそのエラそうな態度は!」

と、結局そこ。
そこに、ずーーーと囚われていたんだよね。
自分自身。

自分でやるって決めたんだから
親父に文句言ってもしょうがないじゃん!

だから言いたくても言えない。
けど、ずっと腹を立てている…。

その辺が僕のちっちゃいところ。

 

でも、そんな風に思いながら、
腹を立てながら、
辛い思いしながら、
毎日きっついなぁ…って思いながら、

じゃぁ、

なぜお前は家を建ててんだ?

ってこと。

 

嫌ならさっさと、やめりゃいーじゃん。

いや、結局、嫌じゃないんだわ。
好きなんだわ、この仕事。

だって…

考えれば分かるじゃん。

こんなに素敵な家族と
素敵なお付き合い
させてもらってるんだもん。

建てた後も、ずっとさ!
写真整理してたらなんか涙出てきた…オッサンになると涙腺がね…

 

建てたあと
「赤ちゃん生まれたー!」

やっぱこの連絡が一番嬉しい。

「俺、家族が笑顔になる場所
 作ってんじゃん!」

そう思える。

こんな素敵な仕事ないじゃん。

 

縁あって知り合った家族。
みんなまとめて幸せにしちゃいたい!

なんならみんな、俺の家族だぁー!

だから
必死こいて、家、作ってるんだな。

 

そんで、
こうして家を建てられるのは、
曾祖父さん、爺さん、親父と、
ずっと建築を仕事にしてきたからなのは
紛れもない事実。

悔しいけど、それは認めて、感謝しないと…
なんだね。

 

はぃ、これにて、
マクスの社長の僕が
「なぜ家を建てる仕事をしているのか?」
内省して考えるシリーズ、

一旦おしまいにしようと思います。

結局、僕はお客さんに
いい思いさせてもらってる幸せモン
ただそれだけが分かったような気もしますけど

それに気づけば、十分か(笑)。

 

もっと深いこと、自分自身で気付いたら、
続き、書く、かも…ね?

シリーズの最初から数ヶ月にわたり
こんな駄文にお付き合いいただいた方が
いらっしゃったとすれば
誠にありがとうございました。

心より、御礼と、皆様のご家族の笑顔を
お祈り申し上げます。

 

株式会社マクス 代表取締役 鈴木克彦

おしまい
あ、ブログは明日らからも普通に続きますけどね(笑)

2022年03月13日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.