イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

今週末は富士市で完成見学会です

Vol. 3,750

おはようございます。
頑丈な高断熱住宅を作るマクス
社長の鈴木です。

 

いよいよ!
今週末の土日は富士市で完成見学会です。

現場では駐車場工事も完了。

社員大工の丸山がフェンス工事を始めています。

二世帯住宅であり、さらに
道路と敷地との間で結構な高さの違いがあるため
駐車場から玄関まではスロープを設置しました。

 

ただですね…。

子育て真っ盛りの世代の人達からすると
「車いす用のスロープ」
なんて言われてもピンときません。

「そうそうそう!」ってなったら
逆におかしいかも?

 

ですけど、人は誰しも年を取ります。

例えば子供部屋。

子供が小さい時は
ほとんどの方が、親子川の字で寝ます。

一人で寝るようになるのは、
年の近い兄弟がいれば早いかも知れませんが
そうでないと小学校の高学年くらいまでは
一人じゃ怖くて寝られない子も多い。

うちの娘(中2)なんか
未だにリビングで宿題してるし…。

 

プライバシーを保てる独立した子供部屋を
欲しがるのは中学生・高校生の6年くらい。

大学生になったらすぐ出てっちゃうし。
(それはそれでちょっと寂しいけど…)

 

高断熱住宅の家は、
「暖房している部屋としていない部屋」
っていうのがよくありません。

なぜなら、
暖房をしている部屋の暖かく湿った空気が
暖房していない部屋に逃げて、
そこで結露するから。

使っていない部屋が
かび臭くなるのはこのためです。

 

昔のようなスカスカの家だと
空気も適当に隙間から逃げるんで
あまりこういうのなかったんですが。
(逆に壁内結露で大変な事になってるけど)

だから、本物の高断熱住宅は全館冷暖房が基本。

なにも、ダクトだらけのだけ家が
全館冷暖房じゃないですよ。

小さなエアコン一つリビングにあれば
【開放的な間取りだから家中どこでも暖かい】
というのが理想。

 

でも、今みたいに燃料費が高騰すると、
(この先もまだ上がるでしょう)
全館暖房なんてお金かかるんじゃ???

そう、

だ、
か、
ら、

「全館冷暖房したってたいしてかからないよ?」
ってくらいの高い断熱性能が必要なんですね。

 

ちょっと話がそれましたが
子供達の成長のステージに合わせて、
そして
自分たち自身のステージに合わせて、

間取りに可変性がある

ってすごく大事。

じゃないと
「この家は昔の家だから
 なんか住みにくいんだよね」
ってなる。

 

二世帯住宅は特にその可変性が大事なので
この家ではそれを十分考慮して設計しています。

そしてその間取りの可変性は
子供部屋の例でもわかるように
子育て世代にとってもすごく大事。

そしてその間取りの可変性って
ブログじゃとっても説明しにくいので

「子育て世代の方にこそ」
こちらの二世帯住宅の完成見学会
参考になると思いますよ。

 

というわけで、
まだまだ予約受付中です!

 

【富士市 二世帯住宅完成見学会】

【函南町 高台の家完成見学会】

【素材の選び方教室】

2021年10月25日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.