イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

制震ダンパーを取付ける意味

本日も、富士市の新築注文住宅現場から。

社員大工の宮崎が制震ダンパーを取り付けています。

建物に制震性能をもたせる場合は、「時刻歴応答解析」という計算をして、所定の箇所に取り付けます。

このオイルダンパーの場合、この建物なら20~30ヶ所近くは必要になります。
ただ、今回取り付けるのは、3ヶ所。

これは、「制震」性能をもたせよという意図ではなく、設計者である私の「精神」的な安心のためです。

というのも…

これは、以前「大工工務店の会」という、社員大工を有する工務店の仲間と、自主的に実験をした際のものですが、【地震に耐える壁=耐力壁】が、実際にどれくらい強いのか、大きな力が加わった際にはどんな壊れ方をするのか、を調べたものです。

木造住宅の大家、山部先生(上写真左)の監修のもと、自社が使用している耐力壁(モイスTM)の破壊実験をしたのですが、

ちゃんとメーカーの言う性能値はでたものの、
「うーわ、こんな壊れ方するんだ…」
と恐ろしくなったからです。

確かに強いのですが、限界を超えて破壊される時は、「脆性破壊」と言いまして、一気にもろく壊れます。

そこで、一階の南側のように、窓が多く、少ない耐力壁が多くの力を負担しなければならない場所に、「オイルダンパーの揺れを軽減する力で粘り強さを持たせよう」というのが狙いです。


基本はあくまでも構造計算による耐震性の確保。
その上でのプラスアルファとしての安心。

この制震ダンパーで、設計者の私は精神的に安心して眠ることが出来ます。
自発的に取付けているので、お施主様への誠心です。なんちゃって。


28日の構造見学会では、動画も使ってもう少し分かりやすくご説明させていただこうかと思います。
構造見学会と、来月の裾野市の完成見学会のご予約は、下記よりお願いします。

3/28(日)【富士市】薪ストーブの家 構造見学会

4/17,18【裾野市】パッシブソーラーの家 完成見学会

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.