イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

軒や庇の重要性

本日は、富士市の新築注文住宅現場から。

玄関の前に大きな庇が出来ました。
敷地の関係上、駐車スペースを取るためにポーチの柱を設けることが出来ませんので、構造的に建物本体から跳ね出しています。
もちろん、持ち出した分が地震の際に問題ないか、構造計算で確認しております。

最近では、デザイン上なのか、予算上なのか、玄関に軒も無い、あってもちっちゃい、というお宅もよく見かけますが、雨が強い時に玄関の鍵を開けているだけ、傘を畳んでいるだけで、ビチョビチョになっちゃうのは切ないですよぉ…。

ベランダが付く南側の軒は、1.4m伸びています。

これくらい伸びていると、多少の雨では洗濯物を干しっぱなしでも濡れませんね。

ベランダがつかないこちら側(妻面と言います)も、1m近く軒が出ています。

日本には、梅雨と、秋の長雨があります。
そして、夏の日射は温暖化で殺人的になってきています。

雨風をしのぎ、夏の日射を遮るのは、深い軒や庇です。
過ごしやすさだけでなく、耐久性にも大きく影響します。

以前のブログ
【軒の出が少ない家が危険なわけ】

昔からあるデザインには、日本の気候から生まれた理由があるんです。

 

実際の建物を見るとよくおわかりいただけると思います。
こちらの富士市の構造見学会と、来月の裾野市の完成見学会のご予約は、下記よりお願いします。

3/28(日)【富士市】薪ストーブの家 構造見学会

4/17,18【裾野市】パッシブソーラーの家 完成見学会

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.