イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

軒の出が少ない家が危険なわけ

暑いですね…。

雨、降りませんね…。今朝もちょろっとしか…。

干からびそうですね…。

というわけで、こんな時は雨のネタ。

深い軒と雨の関係 ウッドデッキ

こちら、マクスの富士市のモデルハウス【冨嶽町家(ふがくまちや)】のウッドデッキ。
雨の日に携帯で撮影。

写真ではわからないのですが、結構ガサガサ降っておりまして…。

深い軒と雨の関係

でも、写真で黄色い部分、全然濡れていないの、おわかりでしょうか?

ちなみに、水色の矢印のところは、日除けのタープがあって、これがメッシュ地なので、若干濡れている状態です。

マクスのモデルハウス冨嶽町家では、南側は1.5m、その他三方向は1m、軒が深く出ています。
なので、ちょっとやそっとの雨では、ふっかけるなんてことはありません。

「別に、ふっかけたって、いいじゃん!」
「雨降ってきたらダッシュで窓閉めるからホットケ!」

と言われると、そうなんですが、建物がだんだんと年数を重ねてゆく時、窓まわりの防水のシーリングが切れちゃったりすると、壁内に染みこむ、つまり、雨漏りに直結します。

雨掛かりシミュレーション

上は、国総研(国土交通省国土技術政策総合研究所)HPからの引用ですが、軒の出が違う建物があった時に、どの様に雨が吹きかけるかをシミュレーションしたものです。

軒の深さの違い 日陰

わかりにくいので図解。
シミュレーションは北面ですが、上の模型は、手前がきっちり南面。
本日のAM10時の影の様子です。

国総研と同じ並び。
左は、四周とも90cmの軒が出ています。
真ん中は、南北だけ90cm、東西は15cmの軒の出。
右は、四周とも15cmの軒の出です。

雨うんぬんより前に、この時期、軒の出が少ないと、いかに暑いか、よーく分かりますね。

雨ががりシミュレーション

そして先ほどのシミュレーションに戻りますが、軒の出が少ないと、屋根と壁との取り合い部分が、ものすごく濡れるの、おわかりですね。

ここは、壁が終わっている部分ですから、雨水がとっても侵入しやすい危険な箇所です。
建てた直後は良くても、よっぽど定期的にメンテナンスをしてあげないと、雨漏りで家は長持ちしません。

日本には、梅雨と秋の長雨があります。
【深い軒】という伝統的なデザインは、【必要】から生まれたデザインなのです。

はぃ、必要といえば、お盆休み。
というわけで、マクスは明日より、16(火)までお盆休みとさせていただきます。
OBの方の緊急の御用の際には、会社の電話がつながりますので、ご遠慮無くお電話下さいませ。

それでは、みなさま、良いお休みを?!

 

正社員【女性設計スタッフ】募集
富士市 正社員募集 女性設計スタッフ 建築士

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.