イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

頭の回転が遅いと大工は出来ないと思う瞬間

本日も、昨日に引き続き富士市の注文住宅からですが、昨日のDIYより、やや時間をさかのぼり、現場で私がふと思った事を。

大工がサッシの枠を施工中。

「指矩(さしがね)」という直角の定規を当てて、印をつけています。

こんな感じに。

で、写真だけ見ると、
「長さを測って切るんでしょ?」
ってだけなんですが、実は、そんなに単純じゃぁございません。

例えば、化粧の柱と柱の間にピタッと枠を取り付けたい、としましょう。
上の写真の上側のように、柱が直角なら、内法を測って直角に切るだけ。
これ、簡単。

でも、実際には、微妙に、目で見ただけじゃわからないけど、微妙に、ねじれていたりします。

だから、大工がやっていたように、指矩をあてて、角度を写し取るわけですが、角度を合わせて切るだけだと、上の場合、短くなっちゃうわけです。
よく考えれば分かる。手前で測ってるから。がその理由。

角度だけじゃなくて、長さも写し取ってあげます。
そうすると、上の場合、入れるときには大変になりますが、入れた後に隙間ができない。

わかれば簡単な話なのですが、現場では、親方はこんなふうに絵を書いて説明してくれたりはしません。
技術は昔から、「目で見て盗む」と相場は決まっております(笑)。

じっと見ていると、
「あ、なるほど、そういうことか!」
と分かる者と、ぼーっと見ているだけで気付かない者がいます。

 

大工は、頭の回転が早くなくっちゃぁ務まらないのよね…。
でも、時代が時代だからね。学校みたいにじっくり教えてあげなきゃ…とも。
そんな事を現場を見ていて思うのでした。

 

今日のブログの意味は、現場を見るとわかりますよ。
現場は完成見学会にて!

詳細は、下記のバナーより、お申し込みページをご覧くださいませ。

三軒連続完成見学会第一弾【伊豆の国市】大開口リビングの家

三軒連続完成見学会第二弾【富士市】スキップフロア家

三軒連続完成見学会第三弾【富士市】大開口リビングの家

2019年02月21日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.