イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

ドレーキップ窓の外観

昨日に引き続き、富士市の新築現場からです。
自然室温で暮らせることを目指す『びおハウス』です。

富士市 新築住宅 外壁工事中

昨日、こんな感じで、施工中の外観をご紹介いたしましたが、外観の決め手は大きな4つの窓。

この窓は、高性能なドイツの樹脂サッシ:ユニルクス。
トリプルガラスの樹脂サッシですが、同じトリプルガラス樹脂サッシの国産のサッシと比較して、
【高性能&頑丈】
が特徴です。

そもそも、これくらいの大きなトリプルガラスの樹脂サッシが国産だと難しい、というのが現状です。

ドレーキップ窓は、日本では『内開き・内倒し窓』と言います。
開き方の最大の特徴は、内側に開くということ。

富士市 新築住宅 ロフトのドレーキップ

富士市 新築住宅 脱衣室のドレーキップ

富士市 新築住宅 ホールのドレーキップ

こんな感じで内側に。
この状態は全て、ドレー:内開き、の状態。
中から掃除ができて安全(普段の開け方はキップ:内倒し)。

このドイツのサッシは、断熱性が高いのに、日射取得率も高い、という性能があります。
ですが、流石に夏の夕方の西日はキツイ。

ガラスの性能でも当然違いますが、一般に、
窓に当たる太陽光を100とすると、
カーテンやブラインドなど、内側で日射を防ぐ→ほぼ半分入ってくるのに対し、
窓の外でスダレをつけると、2割以下しか入ってきません。

つまり、西日は【外で防ぐ】のが基本。
その意味で、室内から外の日除けを操作できるドレーキップは、なかなかのスグレモノなのです。

 

本日もCMです。「そんなスグレモノのあなたを待っています…。」

【女性設計スタッフ】募集
富士市 正社員募集 女性設計スタッフ 建築士

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.