イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

僕なぜ番外編-06 世の中いい人のほうが多い

Vol. 4,004

おはようございます。
家族の笑顔と絆を結ぶアルチザン
マクス社長の鈴木です。
僕はこんな気持ちで家を作ってます(長いですけど)。

 

東日本大震災からもう11年。

あの頃は40代になったばかりかぁ…。
まだ若造だったな。

 

当時町内会の子供会の会長をしてました。
息子達は小学生だったし
娘は保育園に行っていたので
自発的に地域のそんな役もやってました。

 

たしか僕にとって
「初めての20代」のお施主さんの家
を建てることになったのがそんな時。

 

それまでは同年代のお客さんが多かったけれど
この頃から年下のお客さんが多くなってきた。

まぁ、自分が歳をとるから当然ですけど(笑)。

 

「20代で家づくりかぁ…えらいなぁ…」

って思っていたのですが
20代のそのご夫婦に
大げさに言えば「心のあり方」
を教わることとなったのです。

 

既に契約を終え地鎮祭の予約もし
さあ工事が始まるぞ
という時
震災が起こりました。

当時、日本中が自粛モード。
笑うことすら不謹慎…
みたいな雰囲気がありましたよね。

 

もちろん、だからといって
「家作るのやめよっ」
という人はいなかったと思うのですが
そのお客様から

「地鎮祭をやめようと思います」

と電話がありました。

「地鎮祭の初穂料は
 そのまま寄付にまわそうと思います。
 工事はお願いしてもよろしいでしょうか?」

とのこと。

 

ややもすれば

やれクレームだ…
やれ保証だ弁償だ…
って、
自分の権利だけ声高に主張してしまいがちな世の中

 

けれど
「自分たちだけ良ければそれでいいわけじゃない」
と思う姿勢…

「若いのにすごいな…」
「なかなか出来るよことじゃないよな…」

って思ったのです。

お施主様家族とは
御神酒とお塩を一緒にまいて
地鎮祭の代わりとしました。

 

「いいやつばかりじゃないけど
 わるいやつばかりでもない…」

なんて歌がありますけど

いやいやそうじゃない。

基本世の中は
いい人が多いよな…

お客様はいい人が多い。
幸せだなぁ…。

 

もっと「利他の心」で暮らさなくっちゃね。

そう思いつつも…

子供会の会長として町内の子供夏祭りで
募金箱を設置して
お小遣いからこっそり一万円札を入れる時
ちょっと迷った自分が恥ずかしかった…
のを思い出します(恥)。

 

あの頃よちよち歩きだったあの子は
今はプロサッカー選手を目指して越境入学。

きっと家族が大変なときだと思いますけど
強い絆で頑張って行ってほしいなぁ~。

2022年07月03日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.