イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

住宅には深い軒が必要な理由

Vol. 3,805

おはようございます。
家族の笑顔と絆を結ぶアルチザン
マクス社長の鈴木です。

 

お笑い通でもお笑い評論家でもないですが
M-1は毎年楽しみにしている番組です。

が、最後の3組の決勝戦では
毎年必ず、グランプリ発表の瞬間、
優勝の組を外します。

今年は
「オズワルドだな。 か、インディアンス」
「錦鯉だけは、可愛そうだけどないな…」

って思ってたら、今年も見事に外した…。
(お笑いのセンスが無いのかなぁ…)
(ノリツッコミがうまく出来たらカッコいいなぁ…)

 

でも、自分と変わらない年代の人が
若手の後輩たちとガチで戦って優勝する
って、やっぱり感動です。

相方が抱きついて「ありがとう」って言う。
そして号泣する坊主頭のおっさん。

やっぱり「ありがとう」って大事ですね。

私の最も苦手とする言葉ですが…。

スタッフのみんな!
大事なハニー!
ありがとう!!!

って…無いな。言えねぇ~(苦笑)。

 

M-1を見ていて感心したのは
お笑いのネタそのものよりも
「番組の作り方」

 

予選からの芸人たちの様子…

楽屋での様子…

苦労してきた背景…

そういった裏側のストーリーに
フォーカスされた作りになっていて
なんだかみんな「真剣」でかっこよかった。

 

子供の頃は
「あいつらふざけて金もらうなんていいよな」
ってお笑いを蔑む大人が多かったけれど、

お笑いにしろ、
ユーチューバーにしろ、
ダンサーにしろ、

みんなド真剣にやってる人はみんな輝いてる。

 

私も、
ド真剣にやっている職人たちの姿・ストーリー
を伝えて行けたらな…

そう思いました。

 

なので本日も現場から。
富士市の新築注文住宅【方形の家】です。

屋根と外壁の下地が出来てきました。
仮の玄関ドアも付きましたね。

こんなのも付いてますよ。
バルコニーの下地の鉄骨。

ちょっと分かりづらいので
他の部分は白黒にしてみましょう。
ポチッとな。

これね。

方形の家の東側と南側に
L型にぐるっと、木のバルコニーが付きます。

壁の中心から1.4m外側に跳ね出しています。
せいせいと広くて気持ちがいいですよ。

その木のバルコニーの上には
屋根が深々と伸びています。

大工がせっせと下地を作っています。
足場の上で上を向きながらの作業。

なっかなか、辛いですよ~。
頑張ってくれて、ありがとう!
(はっ…! 言えた…。)

 

この軒も、樋の先までが
壁の中心から1.4mあります。

つまり、ベランダには雨が
かかりにくくなっているわけですね。

 

これ、すっごく大事!

傘さしてて
コンビニの小さい傘で
ビッチョビチョ

悲しいですよね?

 

家も同じ。

濡れれば、汚れる
濡れれば、傷む
濡れれば、腐る

濡れれば、 長持ちしないんです。

こんな家が並んでいたら…

こんなに雨のかかり方が違う

 

軒が深いと、
・屋根代が増える
・足場代も高くなる
・大工工事も全然増えるから工期も伸びる

けれど、
・夏は日が入らないから涼しい
・雨でも家が傷まない
・家が長持ちして快適に住める

軒は、長ーい方が、良いです!

ブログは…
もうちょっと短めの方が読みやすいけど(反省)。

2021年12月21日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.