イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

構造計算をした鉄筋

Vol. 3,802

おはようございます。
家族の笑顔と絆を結ぶアルチザン
マクス社長の鈴木です。

 

本日は富士宮市の新築注文住宅からです。

先日の富士市の現場のブログでは
屋根の上だった社員大工の彰太。

本日のブログでは、鉄筋工事中。
マクスの社員大工は何でもやっちゃいます。

縁あって、新潟の工務店からやってきたので
現在富士市では、アパートで一人暮らし。

ちゃんと自炊中。
お弁当まで作ってくる(笑)。

エラいぞぉ~。

大工としては一級技能士も持っており
若いけど腕は一人前です。

新潟生まれなのにお酒は一滴も飲まず
タバコも吸いません。
(お酒のない人生なんて…と私は思いますけど)

真面目でイケメンです。
(まぁ僕の方がオッサンの色香があるけど)

でも、奥手だからなぁ…。
(僕の若い頃にそっくり)

誰かいい人いませんかね?
彼女大募集中です。

 

そうか…
この現場は彰太がマクスに来て初の棟梁として
めちゃめちゃ頑張るはずなので
竣工するまでにお施主さんにも頑張って
絶対に良い人、探してきてもらおっと。

約束しましたからね!
(って勝手に、今決めましたけど…)

よし、彰太、安心して基礎作ってくれ!

もちろん
ちゃんと構造計算して耐震等級3です。

指差すところ、地中梁もあります。
強度が必要なところが強くなっています。

 

床の鉄筋も
場所によって、ピッチが違いますよね?

色分けすると…

こんな感じに3箇所でそのピッチが違います。

構造計算をしない場合
「スパン表」
というのがありまして
それに則って鉄筋のピッチを決めるのですが
まぁ、ユルユルです。

 

建築基準法が出来て以来70年ほど。

「平屋と2階建ての木造住宅だけは
 構造計算書を提出しなくてもいいにする」

という悪法、通称【4号特例】は
本当に出来るかどうかは別として
見直しが始まっています。

「本当に出来るかどうか…?」
というのは、
いままで殆どやられてなかったのに
急にやれって言ったら、

・自分じゃ出来ないから構造屋さんに依頼
  →今でさえ混んでるのに絶対に麻痺する

・確認申請だけから構造の確認も必要になる
  →今でさえ構造審査に2周間以上かかるのに…

こんなの
全国規模でやったら大問題になるのは必至。
官製パニックの発生!

 

それでも、やらなくっちゃ!

なぜなら、東海地震は待ってくれないから。

プレートは、今日も、少しづつ動いています。
大地震が今日来てもおかしくない。

とにもかくにも、
構造計算だけはしておきましょうね。

2021年12月18日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.