イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

成長する若い力

本日は富士市の二世帯住宅新築現場から。

上棟が終わると、真っ先に行われるのはサッシ工事。
一日も早く戸締りが出来るようにし、雨も吹き込まないようにしなければなりません。

写真に写っていませんが、窓を施工しているの社員大工の原田、いつの間にか二年目。
体もゴリゴリに引き締まり、だいぶ仕事もわかってきて、トリプルガラスで重い樹脂サッシも、しっかり施工できるようになり、安心して任せられるようになりました。

サッシが終わると断熱工事。
マクスの定番、木質繊維断熱材が施工され始めます。

この木質繊維断熱材も、ただ入れればいいというわけではなく、隙間なく丁寧に入れなければなりません。

 

以前にも書かせていただいておりますが、隙間があると効果は半減。

隙間があると、空気の対流・移動が起き、熱が移動しやすくなる、つまり、熱が伝わりやすくなってしまうためです。

一番右側とか、見逃されがちですが、けっこう、あるんですよ。
本来の性能の半分とか、
【知らぬは施主ばかりなり…】
なんてのは悲劇ですね。


隙間なく断熱を入れるためのネックになるのは3つ。

1.余計な桟

内部の間仕切りの受け、設備や棚などの受け材、そういった物を受ける下地があると、当然その部分は断熱材を入れにくくなるわけですが、手を抜いて無理やり詰め込んだり、いい加減に切り欠いたりすれば、隙間ができます。

 

2.筋交い(スジカイ)

その意味では、地震に耐える大事な筋交いも、断熱という意味で見ると邪魔者です。
木は断熱材よりも熱を伝えやすいので、「熱橋(ねっきょう=ヒートブリッジ)」と言って熱が伝わりやすい弱点になりやすいです。
筋交いの熱橋そのものよりも、あんな斜めの部分に断熱材を丁寧に入れることはほぼ不可能なわけです。

 

3.構造金物

筋交いと同じく、ホールダウン金物など、地震で大事な金物も、断熱材を入れる人からすると、邪魔で仕方ありません。

 

こういった部分をいかに丁寧に施工するかは、ものすごく大事。
そういうのを学ぶのが「構造見学会」なのです。

ちなみに、上の3つ以外でも、こんなところもすごく大事。
動画の16分くらいの所から。

 

と、うまく宣伝につなげましたが、現場では設計の祭ちゃんが電気職人と打合せ中。

スイッチ・コンセントの配置計画から、照明の配灯計画まで、全て設計アシスタントの祭ちゃんがやってくれます。

私と祭ちゃんで、もはやどっちがアシスタントだかわからないくらい。
力関係では私が下ですね…。

 

と、若い力がグングン育っていて頼もしい限り。
私もジジィと呼ばれないように、心と体をもっともっと鍛えないと…。

で、はりきって告知ですっ!

素材のメリットとデメリットを知って選び方を楽しく学ぼう!

家づくりでいちばん大事なのは構造を学ぶことです

2021年05月24日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.