イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

富士市で基礎工事着工

富士市で新しい現場が始まりましたので、ご紹介させていただきます。

地盤調査の結果、良質な硬い地盤だったため、地盤改良工事は無し。
基礎工事の「掘り方」からスタートです。

昨年より、基本的には基礎工事のほとんどを自社の社員大工たちの手で行う「耐Qパネル工法」にしています。

先輩大工の宮崎に教えられながら、新人社員大工の篠原も奮闘中。
私からは、
「次は一人でも出来るように頭に叩き込めよ!」
と命じていますが、
「まだ、一人じゃ無理っす…」
と弱気です。

いつか後輩に、
「次は一人で出来るくらいに頭に叩き込めよ!考えながら仕事するんだぞ!」
なんて言ってくれるくらいに成長してくれると良いのですが…。

そんな大工たちが作っていたのは、丁張り(ちょうはり)と呼ぶ、建物の基準となる水平の目印。

レーザー水平器を使いながら、横に打っている木の天端が、ぐるりと水平になるように、誤差は1ミリ以下で施工しなければなりません。

ここで間違えると、とんでもないことになりますので、慎重に、慎重に。

 

中央に謎の溝が見えます。

こんな感じ。
なんか、古墳の調査みたいですね…。

この上に、丁張りを目印にしながら、捨てコンクリートと呼ぶコンクリートが施工されました。

やはり、謎の溝が残っています(上の写真の黄色:4ヶ所)。

捨てコンクリートは、文字通り、基礎とは直接関係ありません。
強度も無関係。

ただ、正確に墨出し、つまり地面に正確な線を書き、そのうえで、正確な基礎コンクリートの厚さを担保するためだけのコンクリートです。

謎の溝のところには防湿シートが見えていますが、捨てコンクリートは強度と無関係なのでこれは全く問題なし。

ちなみにこのシートは、地面から湿気が上がるのを防ぎ、同時に万が一基礎にクラックが生じてそこからシロアリが入ってこようとしても、白蟻が食い破れない薬がカプセル状に練り込んでるシートです。

で、謎の溝は明日は建国記念日なので明後日に続きます。

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.