イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

富士宮市で気密検査

本日は、週末に完成見学会の富士宮市の新築注文住宅現場から。

気密試験を行いました。

毎回ご紹介しているので、機械のご説明は省略ですが、まぁデカイ換気扇で家の空気を強制的に吐き出して、気圧の変化を測る、というものです。

上の写真、いま、「圧力差:26.3Pa」となっていますね。

Paはパスカル。
天気予報で耳にするヘクトパスカルhPaは、このパスカルの100倍。

この機械で、無抵抗の0Paから、50Paになるまで、何地点かを決め、その気圧の変化のしやすさをグラフ化し、住宅の気密性能を測定します。

ナンノコッチャ…?
ですよね(笑)。
以前の測定の時にもパスカルにつてい書いてありますので、気になる方のみご覧くださいませ。
【沼津市注文住宅で気密測定】

結果、C値は0.56、四捨五入なので、0.6。

毎回測定していますが、だいたい、良いと0.4、悪いと0.8くらい。
0.6ならまぁまぁかな。

ただ、「C値は何のためにある?」というのを知ることが大事だと思います。

「隙間風を防ぐ」
ではありません。
そんな家、流石に現代は殆どないと思います。

「壁内結露を防いで住宅の耐久性を上げるため」
だと、マクスは考えています。

C値と耐久性がどう関係してくるの…?

疑問に思った方は、ぜひ週末の完成見学会に来てお話しましょう!

このような、特注の引き込みサッシを使えば、当然、気密性能は下がります。

この様に手をやると、測定機械で強制的に室内を負圧にすると、微妙に空気が侵入してくるのを感じることが出来ます。
(普通の生活で隙間風と感じられるほどでは勿論ないです)

C値「だけ」を良くしようと思えば、こういうサッシをやめて、全てすべり出し窓やドレーキップにすれば、飛躍的に数値は上がります。
窓を小さく、少なくすれば、断熱性を示すUA値もググッと上がります。

けれど、そんな家に住みたいだろうか???

ってことだと思います。
数字は、とても重要ですが、かといって、数字が全てではありません。

 

というわけで、週末の完成見学会ですが、日曜日は満員御礼。
あと、土曜日の13,14,16時の部の3組で締め切りとさせていただきます。
あ、Zoomはありません。リアルに開催します。

2/6,7の土日【富士宮市 パッシブソーラーの家完成見学会】

2021年02月01日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.