イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

晴天率の高い静岡だからこそ大きなガラスで日射取得

本日は、もうすぐ完成見学会の、富士宮市の新築注文住宅の現場から。

「ふぃ~出来たぁ~」
と、画面右の方でひっそりと悦に入っている社員大工の宮崎が写っていますが、外構工事も進んできました。

南側の道路に面して駐車場が有り、駐車場と家との間には大きなウッドデッキがあります。

つまり、ウッドデッキは、そのままだと丸見え。

道路から丸見えのウッドデッキって、くつろげるかなぁ…?
と思うわけです。

「ウッドデッキって作ってもあんまり使われないですよね?」
というご質問を時々いただきますが、
そうじゃなくって、使えるウッドデッキになっていない、
ってことじゃないかと思います。

室内からこのウッドデッキを見ると、こんな感じ。

この方向が南。

昨日も書きましたが、雪で大変な思いをしている方々には申し訳ないくらい、
太陽サンサンでポッカポカ。
静岡県では静岡県の、設計手法があるはずです。

数字上は、窓は小さく、少なく、すればするほど、「断熱性能」は良くなりますが、静岡県では、
「断熱性能を示す数字にこだわりすぎるより、窓からの日射を優先すべき」
と考えています。

もちろん、窓の性能は、トリプルガラスの樹脂サッシという「高性能」が大前提じゃないと、数字上も体感上も寒くなっちゃいますけど。

で、新人社員大工、あ、今は新人社員左官の篠原康佑に、樹脂サッシを開けてもらいます。

2枚とも、戸箱の中に引き込まれる全開口サッシ。

ウッドデッキの終わりにはベンチ。
ベンチに座って室内側を向くことで、ウッドデッキがリビングと一体化します。

そのウッドデッキの背もたれが、冒頭のフェンスだったんですね。

つまり目隠し。

これで、道路からの視線を気にせずにくつろげます。

 

どれくらいくつろげるかは、実際に完成見学会にて。

2/6,7の土日【富士宮市 パッシブソーラーの家完成見学会】

2021年01月15日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.