イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

表層地盤改良工事

本日は富士市の新築現場からでございます。

地盤調査の結果、表層の60cm~1m程の深さで、柔らかく住宅の地盤には向かない層があることが分かりました。

その下の層は硬い岩盤質なので、そんなときには、表層の地盤のみを硬い地盤に改良する「表層地盤改良工事」が行われます。

重機とともに、大きな袋が現場に搬入されています。

人と比べると大きさが分かりますね。
番号が振ってあり、10.5袋あります。

ジオセメント、と書いてありますが、この袋は全部、六価クロム対応型のセメントです。

単体のクロムは金属で非常に安定して存在しています。
鉄とニッケルとの合金は、いわゆるステンレスです。

土中には単体のクロムか、三価クロムとして存在し、クロムは人体にも必須物質なので、三価クロムはサプリメントとしても使われているそうです。

けれど、メッキなどに使われる六価クロムは猛毒で、かつての日本や現在でも途上国で深刻な土壌汚染を引き起こしています。

その六価クロムが土壌汚染を引き起こしたりしないようにしたセメント、という意味です。

 

白いビニールテープが、監督の城内と一緒に地面に引いた建物の壁の中心ラインです。

その50cm外側に、グランドに引くラインで線を引いています。
つまり、建物の外側50cmの地盤まで、このセメントと混ぜて固く改良しようという工事です。

と思ったら、混ぜ終わってしまいました…。

以前の混ぜている途中の様子と、その時の試験の様子です。

こんな感じで混ぜ混ぜします。

完成すると見えない部分にお金をかけるのは、ちょっともったいない気もしますが、でも、建物が傾いたら大変ですから、弱い地盤には必須の工事なのです。

2019年09月04日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.