イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

注文住宅の手きざみの良い点

富士市の新築注文住宅工事の進捗です。
自然室温で暮らせることを目指す『びおハウス』です。

社員大工による手きざみ加工は、そろそろ終盤戦です。

社員大工の宮崎がやっているのは…?

柱に「ホゾ」を作っているところです。
四枚の回転するノコをグイッと下げると、凸の形の「ホゾ」が一発で出来る機械です。

ちなみに、ホゾとは、おへそのこと(のはず…)。
「ほぞを噛む」
って言いますよね。おへそは噛もうとしても噛めないのでイライラ…。
だから、結果に悔しがることを言いますが、ホゾの加工を間違えてほぞを噛む、なんてことにならないように、慎重に加工は進みます。

木造住宅では、接合部は「ピン」と言って、「強度を持たず、力がかかると動く部分」として構造計算されます。

なので、このホゾは、【上棟時に動かなければいい】、【固定はあくまでも金物で】というのが現在の木造住宅の考え方。

だから、機械加工のプレカットでは、このホゾが6、7cm程しかないわけですが、

こちらのお宅では、柱の下のホゾが9cm、上のホゾが15cmに設定しています。
もちろん、「ピン」として構造計算しているので、ホゾの長さに関係なく、金物でしっかりと固定されますが、このホゾの長さは、計算には現れない【建物の粘り強さ】に、少なからず影響してくるはずです。

この辺は、「大工の手加工だからこそ」の良い点だと思います。

2018年07月25日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.