イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

雨と軒の出の関係

梅雨入りしたようですね。
昨日は雨、モデルハウスで打合わせでした。

上は、モデルハウス完成時の写真。

だいぶ茂った! 雨で気持ちよさそうです。

苔も喜んでます!

でもやっぱり、人間は濡れたくない…。

特に、帰ってきて玄関でビチョビチョ、なんてイヤですよね。
玄関ポーチは雨が降っても濡れずに傘を畳んで、雨を落として家に入れるのが理想です。
タイルも濡れないので滑って転ぶ心配もないし。

建物も、軒が深いと濡れません。
妻側(樋が無い側)は1m軒が出ているので、外壁も基礎も濡れていません。

当然、雨漏りリスクは激減。
外壁の持ちも、全然違ってきますね。
(過去ブログ:軒の出が少ない家がキケンなわけ

ウッドデッキ側は、1.5m軒が出ています。

ウッドデッキも濡れていないのが分かります。

ご紹介した部分は、「全て」床面積には含まれないので、有っても無くても「延べ床面積」は変わりません。
だから、総工費で坪単価を出せば、「広いポーチを作るほど」「軒を深くするほど」坪単価は高くなります。

ですが、「持ち」が違ったらどうでしょう?
例えば、2,000万で30年持った→2,000÷30=66.7万
例えば、3,000万で45年持った→3,000÷45=66.7万
同じです。

でも、その間の快適性とメンテナンスにかかる費用は全然違います。
大事な視点だと思います。

2018年06月07日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.