イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

リノベーション現場での下地処理

本日は、富士市の住宅のリノベーション現場からでございます。

以前、『外壁塗装時のクラック補修』というエントリーでご紹介しましたが、外壁もキレイに塗装完了です。
せっかくリフォームするのですから、美観を「長く」保つには、下地処理がとても大事です。
できちゃうと分からないところです。

雨樋も、ガルバリウムの樋に掛け替えられました。

玄関から室内にお邪魔しましょう。

社員大工の宮崎が、下駄箱を製作中。
大工が作るので、現場に合わせてぴったりサイズで作れます。

キッチンも設置され、現場は大詰め。

で、お気付きでしょうか?
室内の画像の天井や壁に、不思議な模様があるのが…。

これは、パテ処理と言いまして、クロスや、珪藻土などの塗り壁をする前に、ボードのジョイントやビスの穴を平らに埋める下地作業です。

こちらのお宅では、用途やコストも考慮し、予備室の二階から階段室までがビニールクロス、生活空間の一階は、天井が和紙クロスで壁が珪藻土です。

珪藻土の下地作業は左官職人が施工しますが、クロス部分は、クロス職人が施工します。

新築住宅で時々ご紹介する珪藻土のDIYですが、この下地処理までは職人の手でやっています。
下地処理からDIYするのは非常に大変だからです。

下地がしっかりしていると、仕上げはさほど苦労せずともキレイになります。
逆の場合、きれいに仕上げるのはプロでも至難の業です。

恥ずかしがり屋のクロス職人が出てきたところを激写(笑)。
彼の下地パテ処理は、非常にキレイです。

完成すると分からなくなるのですが、見えなくなる「下地処理」は、とっても大事なのです。

以前の三島市のお宅の珪藻土のDIYのときも、彼の下地処理が光りました。

最近では、ホームセンターに行くと、道具や材料はなんでも揃います。
「面白そうだからやってみよう!」
というのは是非、挑戦をお勧めします。

でも、
「DIYして工事費を安く抑えよう!」
と思ってのDIYでしたら、絶対にお勧めしません。
その辛さで、絶対に後悔します。
職人の仕事はそんなに甘くはないのです。

高級食材を買ってきて、レシピを見ながら作っても、高級レストランの味にはなりませんよね?
料理人と素人では、そもそものスキルが違いますから。

家づくりでの、各職人の仕事も同じです。

プロの料理人が、下ごしらえを完璧にやってくれて、仕上げと盛り付けは自分、
これなら、プロ並みの味が出せるでしょう。
でも、そんなに安くはなりませんよね(笑)。
下ごしらえが一番大事で手間隙かかってるんですから。

建築のDIYも、似てるんじゃないかなぁ、と思ってます。

「じゃぁ実際、マクスの珪藻土のDIYってどうなの?」
「コスト的には本当はどうなの?」

はぃ、その疑問にズバッとお応えする企画がこちら↓です!

湯布珪藻土の良さと、施工と補修のノウハウを習得、さらに広島お好み焼きも食べよう!

家づくりで大事なところは見えなくなる!
太陽熱で床暖房のパッシブソーラーのある家の構造見学会です。

2017年08月22日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.