イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

外壁のヒビの補修

本日は、富士市のリノベーション現場からでございます。

リノベーションですから、お化粧直しではなく、
・内部は壁を剥がして骨組みまで見えるようにし、
・腐った部分を直し、
・耐震補強をし、
・断熱工事をし、
仕上げ工事をします。

今まで何度かご紹介してまいりましたが、本日は外部。

外部も全て解体して骨組みのみにして行うリノベーションも、もちろんございますが、コストも踏まえ、今回の現場では、外壁は塗り替え工事です。

でも、ただ塗り重ねるだけではございません。
よく見ると、グレーの線が…。

よりわかりやすく。
こんな感じです。

アップしてみると、

こんな感じ。右の図は略図です。
上から、
1. モルタルの外壁にヒビが入っています。
2. 工具を使い、ひび割れ部を削ります。
3. シール材で埋めます(写真はここ)。
4. その上から塗装して完成。

ヒビの上から塗装すると、塗った直後は、なんとなく分からなくなりますが、すぐにそこが切れて漏水の原因になります。

ひび割れの補修には、本当に色々なやり方があるのですが、今回は上記の通り、ひび割れ部を工具で削り(Uカット)、そこに伸縮性のあるノンブリードの変性シリコンシーリングを充填し、上からシリコン系塗料で塗装する方法を取りました。

ノンブリードとは、ブリードが起きにくいタイプ、で「NB」と表示されています。

ブリードとは、シーリング材から成分が溶け出し、塗った塗料と反応してトラブルを起こす現象です。
NBタイプは塗料用と言ってもいいかもしれません。

というわけで、何度も同じことを結論にしますが、塗装でも、下地処理が大事なんですね。
完成してしまうと分からない部分です。

 

三島市にて、一日限りの注文住宅完成見学会開催!

お部屋のインテリアに、苔テラリウムづくり、してみませんか?

住んでる家を見に行こう!オーナー様宅3軒をまわるバスツアーです。

2017年06月29日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.