イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

三島市で気密検査

昨日に引き続き、三島市の新築注文住宅の現場からでございます。
自然室温で暮らせることを目指す『びおハウス』です。

昨日はモルタル造形のお話でしたが、私が作業している間に、

正座して日頃の反省をしているおじさん…
ではなく、サッシに目張り中。

この裏側では、

正座して日頃の反省をしているおじさん…
ではなく、気密測定中。

先程目張りをした穴から室内の空気を、強力な扇風機で外に排出し、どれくらい気圧が下がるかを測定して、住宅の気密性能を測定します。

結果、3行目。
相当隙間面積: C= 0.6cm2/m2
というところ。

床面積1平方メートルあたり、0.6cm2つまり、√0.6=約0.77だから、約8ミリ四方くらいの穴が開いているのと同じ隙間面積ですよ、ということ。
C値は、小さければ小さいほど性能が高い。

いつもほぼ0.5だから、謙虚に反省してより高みを目指しましょう。

ちなみに、平成11年に出来た「高断熱高気密住宅」の基準では、
北海道や北東北などの厳寒地では、C値は2.0以下
静岡では5.0以下。

C値5.0って、1平方メートルごとに500円硬貨くらいの穴が空いてる計算になるので、そりゃないでしょ、って感じですね。
ちなみにこの基準は、21年の改正で削除されました。
隙間ガッバガバでも、断熱材が厚ければ高断熱住宅です(謎)。

「高気密住宅は息苦しい…」
というオカルトチックなことを仰る方もいらっしゃいますが、息苦しいかどうかは、実際に見学してお確かめ下さい(笑)。
ご予約は下記より。

 

三島市にて、一日限りの注文住宅完成見学会開催!

お部屋のインテリアに、苔テラリウムづくり、してみませんか?

住んでる家を見に行こう!オーナー様宅3軒をまわるバスツアーです。

2017年06月27日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.