イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

ユニットバスのような在来浴室を作る 1

本日は、沼津市で工事中の新築注文住宅の現場からでございます。
自然室温で暮らせることを目指す「びおハウス」です。

一昨日の富士市のリノベーション現場のエントリーで、タイル張りのいわゆる在来浴槽は、土台が腐って長持ちしない、ようなことを書きましたが、それは、その時にも書いた通り、

・タイルの目地から水が染みる
・床下が土で埋め戻してあるため、湿気が全く抜けない
・シロアリが直接土台近隣まで安全に来れる

という構造的な問題からです。

現在の新築住宅の主流は圧倒的にユニットバス。
浴室が一つの独立したユニットで、そのユニットから湿気や水が漏れ出したりしないため、上記のような事が起きません。

であれば!
在来工法もその様に、床下も壁も、乾いた空間であれば良いわけで、そのように作っちゃおう!
というのがマクスの在来浴室。

こんな感じですね。
うーん、旅館みたいで、癒されるwww!

で、沼津市のこちらのお宅での工事風景。

左官職人がやっているのは…

高級旅館のお風呂で見かける十和田石。
あの濡れると艶やかな緑色になる石です。

でも、見た目だけ、じゃぁダメ。
ユニットバスのような、快適で長持ちする浴室にするには、下地を作るのがとっても大変なんです。

洗い場や、

出入り口には、水が漏れないように、十二分の配慮を。?

もうすぐ完成です!

 

マイホームの第一歩は【家づくり教室】で楽しくお勉強!
予約制ですので、下記よりお申し込みくださいませ。

2017年04月13日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.