イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

品川本願寺

以前のエントリーで、曽祖父(ひいじいさん)鈴木多吉の娘婿の、彫刻家 伊藤高芳の仕事が、遠く離れた東京に…とご紹介させてただいた事がございます。

【諏訪神社 東京都大田区】

私が上記の諏訪神社を知ったのは、同神社の社史をまとめていた氏子さんからの連絡でした。
さらに調査が進められ、
「品川にも伊藤高芳の仕事がありましたよ」
と教えていただき、先日、出張の合間に見に行ってきました。

品川の本願寺、です。

本願寺というと京都がすぐに思い浮かびますが、浄土真宗のお寺で全国にあるようですね。

ということは、彫刻は、親鸞とそのお弟子さんなんでしょう。

親鸞と言えば、昔、古典の先生に、「えらい社長になれる本を教えて」と冗談で言ったら、「えらくなれるかどうかはお前の心がけ次第だが、この本を読め」と、倉田百三の「出家とその弟子」を勧められ、余計なこと言うんじゃなかった…と泣きながら読んだことを思い出します。

で、その彫刻の裏。

あった!

今回も、湯河原の住人、として、伊藤高芳と伊藤誓司の銘が彫ってありました。
伊藤高芳は彫刻家で、私の曾祖父さんの娘婿、なので、私の爺さんの義理の兄、となります。
誓司は高芳の長男で、社寺建築の会社をやっていました。

私の伊藤高芳の彫刻のイメージは「龍」なんですが、今回のような、人をモチーフにした作品もあったんだなぁ…。

木鼻(キバナ)は獏(バク)ですね。

ん?琵琶を弾いて足が鳥…?

調べると、迦陵〓伽(かりょうびんが)という仏教の生き物だそうで、とても美しく鳴き(歌い)、仏の声とも言われるのだとか。

 

以前の大森諏訪神社の竣工が昭和32年、今回の品川本願寺の竣工が昭和36年、その間にも、世田谷の駒繋神社の建設にも関わっていたらしい(未確認)。

昭和30年代というと「Always 3丁目の夕日」のころ。
私が生まれる10年とか前。
こんな遠くで縁ある人達が頑張っていたんだなぁ…と思うと、今回も、自分も頑張ろっ、と思うのでした。

今回も情報をご提供いただきました、大森諏訪神社の鳴沢様、誠にありがとうございました。

 

マイホームの第一歩は【家づくり教室】で楽しくお勉強!
予約制ですので、下記よりお申し込みくださいませ。

2017年04月06日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.