イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

スモール・イズ・ビューティフルな家づくり

スモール・イズ・ビューティフル(Small is Beautiful)とはよく聞く言葉ですが、もともとは、イギリスの経済学者、エルンスト・フリードリッヒ・シューマッハーが1973年に執筆した本のタイトルです。

私が生まれた1970年の頃は、オイルショックの頃。
著者はエネルギー危機を踏まえて、大量消費を幸福度の指標とする現代経済学と、科学万能主義に疑問を投げかけます。

そこから、シンプルでミニマムなスタイルや考え方に使われる様になりましたが、萎縮する日本経済、世界的なエネルギー不足という時代背景を考えると、スモール・イズ・ビューティフルというコンセプトは、家づくりにおいても非常に重要なキーワードではないかと思っております。

大きな家は、コストがかかります。
  ↓
コストを抑えるためには、目に見えない性能が削られがちです。
  ↓
そんな家は、住み初めて気付くのです。
あれ?この家「寒いぞ」「暑いぞ」「光熱費、高ぇぞ」と。
  ↓
光熱費を削るために部分的に冷暖房(全館暖房ではない間欠暖房)。
  ↓
中途半端な断熱性は、非暖房室での結露を誘発。
  ↓
結露やカビに直結。
ヒートショックも起きやすく不健康。
そもそも、不快な温熱環境。

まさに、負のスパイラルです。

コンパクトだけど高性能で長持ち。
住宅も、そんな性能が求められるはずです。

前置きが長くなりましたが、以前、

三島市 狭小住宅の敷地

いわゆる「狭小敷地」での建築が可能かどうか…?というエントリーをしました。
その時にも書きましたが、30坪の土地は、首都圏では当たり前というか、逆に十分広かったりするのですが、静岡では、やはり広いとはいえない土地。

そこに、コンパクトで高性能な家を立てられるか…?
私がご提案した中でも、今までで一番小さいのですが、

三島市 狭小住宅のプラン

先日の打ち合わせにて、お客様には大変喜んでいただけました。

限られた予算の中で、「性能を落とす」のではなく、「コンパクトに暮らす」という私のご提案を受け入れていただいたお客様ご夫婦には、感謝感謝でございます。

三島市 狭小住宅のコンセプト

完成すると、こんな感じかな…(笑)。
また新しい挑戦が始まります!

 

どこのお宅でも、その家ごとの苦労や楽しみがあり、完成すると、懐かしくもあり、寂しくもあり…。
そんな家づくり、見学してみませんか?

11/12,13(土日) 【富士市 薪ストーブの 家完成見学会】 ご予約は下記より 富士市 新築住宅 完成見学会

11/20(日) 家づくり教室のお知らせ ご予約は下記より富士市 新築住宅 勉強会

2016年10月25日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.