イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

構造計算をした鉄筋の配筋

現場監督ブログを見ると、「自分の家」を「自分で作るぞ!頑張るぞ!」と宣言しているので、こちらでもオープンにしてしまいますが、社員大工の菊池の実家の工事風景でございます。

清水町 住宅新築工事 基礎工事

三世帯同居の大人数ですので、大きな家になります。

いつもの30坪くらいの家だと、基礎は、内部の立ち上がりを出来るだけ無くす様に設計していますが、さすがにこれだけ大きくなると、内部に筋違がけっこう出てきて、どうしても立ち上がりが増えます。

清水町 住宅新築工事 基礎工事の配筋

写真を見ると、右と左で、鉄筋の配筋の仕方が違います。

清水町 住宅新築工事 基礎工事の地中梁

立ち上がり部分も、地中梁(地面の中にある鉄筋コンクリートの梁)が有るところと無いところがあります。

熊本地震では、築後10年未満の築浅の住宅まで倒壊しています。
中には、長期優良住宅(耐震等級2相当)も倒壊しています。

「木造住宅は構造計算をしなくてもいーんじゃね?」
という法律があります。

が、やはり、キチンと構造計算をして、耐震等級3にして、家を建てないと、後から後悔しても遅いです。
それによって、コストが何百万も上がるわけじゃないんですから…。

 

マクスモデルハウス 冨嶽町家 ふがくまちや

2016年06月14日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.