イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

僕はなぜ家を作るんだ?-03 封建

Vol. 3,770

おはようございます。
頑丈な高断熱住宅を作るマクス
社長の鈴木です。

 

イヤダイヤダと思いながらも
日曜日にはこのネタを書かなきゃ…

となるのはやはり、

「自分の過去・自分の心を見つめ直し
 内省せずして、
 お客さまのプライバシーにズケズケ
 踏み込んじゃぁ ダメだろ?」

という気持ちから。

 

もうこうなったら、
ブログを読んでくださる方がどう思うだろう?
まして、
ブログを読んだ当事者である家族が
どう思おうか?など、考えないことにしよう…。
(※親兄妹・親戚は読むべからず)

 

曾祖父さんから爺さん、
まで前回書きました。

爺さんとはあまり話したこともなかったけれど
(お互いに会話がないので)
一言で言えば
男尊女卑を絵に書いたような人でした。

妻に先立たれ
晩年は痴呆で施設に入院していましたが、

「女のくせにっ!」

と看護師さんに悪態をつくような人でした。
「時代」を差し引いても、封建的すぎたよね
と思います。

 

そしてそんな爺さんの息子、
そう、私の父であり、現会長の鈴木正之は
爺さんとは正反対のフェミニストで…

なわけない

爺さんに輪をかけて封建的で独善的。
そして、コペルニクスも真っ青ですが
世界は父を中心に回っています。

いや、父はそう本気で信じている。
そんな激鬼自己中な人間。

 

父正之は、
封建的な爺さんの息子であるだけでなく、
子供を甘やかす母、
私の婆さんの息子でもあったわけで。

爺さんの家ではかつて
家に弟子を住まわせていた…そうで、

「若い衆が俺の布団の上げ下げしてくれたから
 俺は布団なんて畳んだことがない」

父はよくそう自慢している。
(別にあんたが偉いわけじゃねーよ)

話は盛ってるとしても、母である婆さんは
息子の唯我独尊を戒めなければならなかったはず。

私の中の父は
誰も注意してくれる人がいないまま
餓鬼がそのまま大人になってしまった
そんなイメージが拭えない…。

 

そんな餓鬼がそのまま大人になってるから
私の子供の頃の父は
自分が気に入らないと、まぁよくぶち切れた。

すぐに怒鳴るのは当たり前。

子どもたちにも
「うるせぇな この小僧ども!」
と物を投げつける。

口答えすれば母も泣かせる。

最悪だな…。

 

うーん、やはり書けば書くほど
泥沼にハマってゆく。

気持ちが悪い…。

でも、
何が気持ち悪いって、
僕はその父の息子であり、
その血を色濃く引いており、

そして自分から、父の家業を継いだのだ。

 

書いてることが無茶苦茶だろ!?

そう、その通り。
自分自身、何を書きたくて
どこに向かっているかわからない。

ゴールはあるのか、行き止まりなのか…?

 

続く

2021年11月14日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.