イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

窓から富士山が見たいか

Vol. 3,688

おはようございます。
頑丈であったかい家を作るマクス
社長の鈴木です。

 

この雨で、私達の地元でも土石流!


(SBSニュースより)

富士山の大沢崩れから始まり、
 ↓
白糸の滝の横を通り、
 ↓
富士宮市、富士市を通って、
 ↓
田子の浦港に流れる潤井川(うるいがわ)。

大沢崩れを源流にするので、
上流を別名「大沢川」
と言いますが、普段は枯れている。

 

富士宮市の北部を仕事で通ると、
「水がないのに多くの砂防施設があるな…」
と昔から思っていたのですが、
今回、この砂防施設があったので、
土石流の被害を完全に防いだとのこと。

これぞ治水!感心しました。

 

時に恐ろしい自然ですが、
富士山とともにある富士市民は、やはり、
富士山の恵みに育まれているんでしょうね。

実際、
富士市の水道は100%富士山の地下水ですからね。

会社の私の席から、朝5時に撮影。
年寄りの朝は早い…。

幻想的です。

今年は、雨も多いけど、
夏なのに富士山が見える、のも多い気がします。

 

そんな富士山、
設計の打ち合わせの際に、
「窓から富士山が見たい!」
というご要望も結構あります。

生まれたときから、
「坂の上は北で富士山、坂の下は南で海」
で育った私は、病的な方向音痴で
富士山が見えない東京に行くと、
Google Mapを見ているのに迷子になりますが、

『富士山なんて窓から見なくたって、
 庭に出ればいくらでも見れるでしょ…
 それよりいい間取りを優先すべきっしょ…』

と、ついつい軽く考えがち。

さーせん、富士山。

うーん、でも、やっぱ、見たい?(笑)

 

以前、県外出身の方に、

「私達の富士山愛と、鈴木社長の富士山愛は
 やっぱちょっと違うんですよ」

って言われたことがありまして、
妙に納得して、
何とか富士山が見えるように設計しよう
苦心したことも、そう言えばありましたっけ。

 

まぁ、窓から富士山が見えれば、
それに越したことはないんですが、
富士山を見るために間取りが崩れるのは、
やっぱ良くない。

それが難しいところ…

というのを、
先日オーナー様とLINEでやりとりしたので、
これから家を建てる方のご参考に。

べ、別に僕はディスってない…(謎汗)。

2021年08月22日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.