イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

木の外壁の燃焼実験動画

本日は昨日の予告通り、木の外壁の燃焼実験動画をご紹介させていただきます。

こちらは先日ご紹介した木の外壁のDIY塗装風景ですが、後ろのマクスの事務所の外壁は、無塗装のままで施工されています。

施工時の5年半前には、

こんなでしたよーとご紹介しました。

施工時はもちろんキレイですが、シルバーグレイに経年変化した今の様子も私は好きです。

日本でも「銀鼠」などと、このシルバーグレイを表す色の名前があるんで、侘び寂びと言うんでしょうか、昔からこの経年美というのは愛されてきたのだと思います。

でも、いくら美しくても、火事の危険と隣り合わせ、ではいけませんね。
やっぱり、住宅は、安心・安全が一番。

そこで、

「木の外壁って、万が一の火事の時にどうなんだろう???」

という素朴な疑問のために、実験をしてみました。

最近良く見かける木の外壁。
動画でもご紹介しておりますが、木の外壁は裏側に石膏ボードを施工すれば、法律上はどんな木でもOKです。

けれど、木の外壁は通常、腐りにくくするためと、室内の湿気を逃がすために、裏側に通気層が設けられます。

万が一、その外壁に火が着いたら…?

後ろ側の通気層が煙突効果で燃焼を加速させ、一気に燃え広がる危険性があることが、この実験でもおわかりいただけるのではと思います。

マクスが使っているウィルウォールは、日本で唯一、無垢材で準耐火構造認定を取得しています(※実験で使用している裏側の石膏ボード無しで認定を取得しています)。
発泡系防火薬剤が特殊な技術で加圧注入されており、炎に当たっても特殊な炭化層を形成し、着火・燃え広がりを防ぎ、有毒ガスの発生もありません。

また、カナダの天然林で伐採された高樹齢材(オールドグロス)のウエスタンレッドシーダーなので、非常に耐久性が高く、長期間メンテナンスをせずに長持ちします。
もちろん、その表情は灰色に褪せてゆきますが、それも良い味と見ることが出来る価値観をもった方には、本物の自然素材のみが持つ『経年美』を楽しむことが出来ます。

マクスのギャラリーページには、この木の外壁の施工例がたくさんございますので、ぜひご覧くださいませ。


そして、マクスが使っている木の外壁「ウィルウォール」のメーカーサイトもご紹介させていただきます。
チャネルオリジナル【WILL WALL】

 

この木の外壁、週末の構造見学会では実際に見て、触って、いただけますよ。
興味がある方はぜひご参加くださいませ。

午前の部は満員御礼、午後の部のみの予約を受付中でございます。
ご予約お待ちしております!

3/28(日)【富士市】薪ストーブの家 構造見学会

4/17,18【裾野市】パッシブソーラーの家 完成見学会

2021年03月25日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.