イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

太陽に恵まれている静岡県

完成見学会前ということで、富士宮市の現場ばかりでしたが、本日は裾野市の現場より。

屋根には、パッシブソーラーシステムの「びおソーラー」が乗っています。

軒先の方を下から見るとこんな感じ。
ここは樋が付く部分ですが、私が手を入れている部分から空気が入り、屋根で暖められた空気は床下に運ばれて、日中、床下のコンクリートを暖めます。

軒は1.4mと深く取っていますが、日中はご覧の通り。

冬は太陽の高度が低いので、軒が深くても部屋の奥まで日射が入ってきてくれます。

反対に、夏は太陽高度が高いので、これくらい軒を出しておけば、一切、日射は室内に入れません。
だから暑くならない。

こういった考え方そのものが「パッシブ」な設計、つまり、受動的に太陽を考える設計、と言われています。

下記は、気象庁のホームページからとって、左から春(3,4,5月)、夏(6,7,8月)、秋(9,10,11月)、冬(12,1,2月)の順にちょっと加工してみた、静岡県の日別晴天率です。

冬(一番右)の晴天率がすこぶる高いのが分かりますね。

静岡県の、冬の晴天率は、全国第二位です。
この恵まれた太陽を、使わない手はないと思うわけです。

静岡県がどれくらい恵まれているか?

太平洋の反対側、日本海の富山県と比べてみましょう。

いかがですか?
なんだか、こんなふうに並べるだけで「喧嘩売ってるのかっ!」と富山の方に言われそうなくらい、全然違いますよね?

雪も降らないから、耐震上も断然有利です。
静岡県では、割と簡単に耐震等級3が取れますが、富山だと、1.5倍以上梁を太くして壁も増やさないと、耐震等級3は取れません。

軒も、1.4mとか出そうとしたら、とんでもないごっつくしないと、雪で曲がっちゃいますしね。

その土地その土地で、設計って、あるものなんです。

あ、メリークリスマス!

2020年12月24日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.