イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

階段の中の壁を薄く、できるだけ薄く

本日も、富士宮市の新築注文住宅の現場から。
けれど、昨日の隣のおうち。

そう、偶然ですが、仲良く二軒並んで工事させていただいております。

昨日のお宅の大工のリーダーは社員大工の丸山。
こちらのお宅のリーダーは、社員大工の宮崎。

宮崎が階段を作っています。

階段は、Uの字に折り返す階段なので、真ん中に壁ができます。

通常、中心に柱を立てて階段を作りますが、マクスでは中心に柱を建てないのが基本。

反対側から見ると、中心の壁の下地は、4.5cm(通常は10cm以上)と、薄っすい。

薄くすると、その分強度を保つのが大変ですが、そこは、丈夫につくる。
丈夫だけど、薄く。
できるだけ薄く。

そうすることで、階段を広く取りつつ、余白スペースが作れる。
メーターモジュールだから。

と言っても、説明が難しい…

過去ブログ「少ない床面積を最大限に使う方法」で、わかりやすく書かせていただいております。

上記の過去記事では、

こんな感じに、出来た余白に本棚を付ける例もご紹介しておりますが、
他にも、

出来た余白に建具を収納する、といった事も考えたりします。

こんな感じで、色々と考えて、一軒一軒設計し、一軒一軒、丁寧に作っています。

2020年10月29日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.