イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

静岡県東部の卓越風を考えて設計する

「六甲おろしに 颯爽と蒼天翔ける 日輪の~」

はぃ、おなじみの阪神タイガースの応援歌。
プロ野球はほぼ見ない私でも知っています。

六甲おろし(颪)とは、冬季に神戸市の北側に位置する六甲山系から吹き降ろす風のことを言いますが、「地方風」と言って、地域によって特別な性質の風が各地にあり、それによってその地域独特の農産物や生活習慣が生まれたりしますね。

静岡でも、県西部の「遠州の空っ風(冷たい北風)」は有名。

フェーン(アルプスの南風)・ブリザード(北米の地吹雪)など、現在は一般的に世界で使われる気象用語も、もともとはその地域特有の風から来ているそうです。

さて、マクスがある富士市、そして20kmほどしか離れていない三島市。

県外の方のためにグーグルマップを。
左が富士市で右が三島市。
たった20kmで、風の特徴って変わるのでしょうか???

下記は、一般財団法人建築環境・省エネルギー機構のHPからデータを抜粋させていただいたものです。

上の図で、上段が風速、下段が気温。
赤が起居時で、青が就寝時。
こうしてみると、夏の三島市が暑い(指差している所)のが分かります。
これは、毎日の天気予報からも、「三島は暑いんだよねぇ~」と県東部の人は納得することですね。

それ以外には特別な違いは感じられません。

では、風向きはどうでしょう?

これは「風配図」と言って、どちらの方角から風が吹くかを示したものです。

冬がないのですが、
富士市では、日中は、春夏は南風、秋は北西の風、
三島市では、東西から風が吹く、

のが分かります。

もちろん、建物の立地条件でこれらは変わるのですが、こういうのを知った上で、窓の位置を設計すると、風通しの良い家になりますね。

ただし!
東大の前教授の発表ににりますと、一年を通し、快適な時間というのは、
・暖房した方が快適な時間:60.4%
・冷房又は除湿したほうが快適な時間:29.9%
・何もせずとも快適な時間:9.3%
で、
窓を開けると快適になる時間は0.4%しかない
という報告もあります。

ですから、とにかく窓作っとけばいい!というわけではないのです。

2020年02月19日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.