イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

太陽の動きをシミュレーションして土地選び

昨日に引き続き、ちょっと高尚に、太陽の動きを正確にシミュレーションして設計に活かそう!
というお話。

本日は、設計の一歩手前の、土地選びの段階から、太陽を考えましょ、ということです。

まずはこちら↑。
不動産屋さんからもらう、いわゆる分譲図。

これを見ると、どこがどれくらいの大きさと形で、車をどう駐めようかな…とかは分かります。

けれど、一生住む家を、この図面だけで決めて良いのでしょうか?
「早くしないと人気の土地だから売れちゃいますよ!」
とか言われれば、そりゃ焦りますけど…。

そこで、

東西南北を正確にとり、グーグルマップにはめ込んで見る。
これだけでも、どっちの方角が開けているとか、よりリアルに土地の位置関係がつかめるようになりましたね。

ま、これくらいなら、器用な方なら一般の人でも出来ます。

でもさらに…

はぃ、こんな感じで、不動産業者に土地開発の詳細データを貰い、土地の高低差を3Dで立体化してみる。

こうすると、真ん中の島状の12区画の位置関係がより鮮明になります。
北側の6区画は、南側の6区画より、擁壁で1.6mも高いので、上段と呼べますね。

上段下段とも、画面右(東)ほど、少しづつ、階段状に上がっており、前面道路も緩やかな坂になっています。

ここまで来ると、かなり各区画のイメージは湧きます。

けれど、上段の6区画、1.6m高いからと言って、はたして陽当たりはどうなんでしょう???

そこで、

建物を仮配置して考察。
駐車場の位置は道路との関係で必然的に決まりますから、それによって建物の配置も大体決まってきます。

上の画像は、「本日」の昼過ぎをシミュレーションしていますが、一年で一番、日が短い冬至の今時期、上段のお庭は、下段の住宅の影で真っ暗ですね。

さらに、最近では、片流れ屋根にして少しでも多くソーラーパネルを載せようという設計も多いので、片流れ屋根の場合を見てみると…

庭だけでなく、1階まで日陰になっちゃいました。
これはやだなぁ…。

というわけで、私は下段を強く推奨しました。
なので、下段の3区画が書き込まれていなかった、というわけです。

そこに…

こんな感じで建物を置いてみました。

一年中日あたりも十分です。
ここまで太陽の動きをシミュレーションしてみると、土地選びもぐっと安心になりますね。
失敗しない土地選びです。

さらに、この3Dでモデリングした分譲地の中を、VR(バーチャルリアリティ)で歩ける!
建物の中にももちろん入れますよ!

となったらどうですか!?
すごいでしょ(笑)。

この様に、
「土地選びの段階から、工務店と一緒に探す」
という方が、安心して土地選びが出来ると思います。

で、おかげさまで、この分譲地に、来年は2棟が並んで建つことになりそうです。
来年もいい仕事できそうだなぁ~!!!
感謝感謝&とっても楽しみ!

 

来年もバリバリ頑張るぞぉー!
年明けの頑張りはこのイベントから。

1/25(土)素材選び教室 in 富嶽町家

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.