イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

気密試験で新記録

静岡市で工事中の堀部安嗣建築設計事務所の設計の、新築住宅からでございます。
堀部事務所の検査も無事終了し、あとはお引渡しを待つばかり。

そんなある日、壁を傷つけないように、そぉーっと大きな機械を搬入しました。

そう、これは、気密測定をする機械。
巨大な扇風機です。

上の写真でプロペラが見えると思いますが、ここから建物内部の空気を、外に強制的に出し続けます。

換気扇など、計画的に空気の出入りがある部分は、テープで目張りします。

そして、換気扇を稼働させ、建物の中と外の気圧の変化を測定します。

気密性が高ければ高いほど、建物内部の空気の圧力(気圧)は下がってゆきます。
空気を外に出しているので薄くなってゆくわけですね。

反対に気密性が低いと、気圧は下がりにくくなります。

ちょっと見にくいけど測定結果です(左)。

気圧の変化から、この家の隙間相当面積(赤丸)を、実質上の床面積(緑丸)で割ります。
51cm2 ÷ 129.18m2 = 0.39

これが気密性能値Cです。
四捨五入して、C=0.4

いままで、小数点第2位までで0.4を切ったことがなかったので、マクス新記録です。

ちなみにこのお宅には、家具職人が製作したの大きな木製引戸があります。

引き戸は、しかも製作の建具は、既製品に比べればどうしても気密性が下がります。

そこで、あくまでも参考までに、この引戸を目張りして、もう一度測定してみたのが…

こちら。0.29!おお!すごぃすごぃ。
手前味噌ながら、マクスの社員大工たち、よく頑張ってくれました。

何事にも、上には上がいます。
北海道や北東北で、このC値に命かけてる方々の中には、0.1を切るようなすごい方々もいらっしゃいます。

けれど、パッシブソーラーを搭載した住宅で、これくらいの数字が出せるところは、日本では、そうはないのでは?と思います。

もちろん、パッシブソーラー関係は特別目張りしておりません。
と、ちょっと自慢してみました。

 

この「気密性」もちろん、目で見ても分かりません。
わからないけど、居住性と光熱費には、結構効いてきます。

気密性は、完成見学会でも分かりません。
けれど、構造見学会だと、なるほどね、と分かるんです。

嘘だと思ったら、今度の日曜日の構造見学会にご予約ください(笑)。
ただし、午前の部は満席でございます。
午後の部にお申込みくださいませ。
【11/3 富士市 制振ダンパーも見られる大屋根の家構造見学会】

【11/10 家づくりの本質がわかる勉強会】

【12/8(日)老後も安心。お金のことを勉強するセミナー】

2019年10月29日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.