イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

もう一つの堀部建築

静岡市で工事中の、堀部安嗣建築設計事務所の注文住宅の現場では、工事終盤で毎日が大騒ぎ、
と昨日ご紹介しましたが、なんと、それが終わらないうちに、もう一軒の堀部安嗣建築設計の注文住宅が、スタートしようとしております。

うーん、やばっ…。

こちらは伊豆の国市。
西へ東へ。大騒ぎは続く…。

地面に建物の位置を示すロープが張られています。
地縄、と言います。
城内監督と張ってきました。

よく見ると、奥と手前に2つ、四角くロープが。
建物棟と、倉庫棟の2つの建物が並びます。

うーん、ワクワクすっぞぉ…(悟空風)。

まずは地盤調査。

今回は、周辺データから、地盤が悪いことが予想されましたので、より深くまで調べられるSS(スウェーデン式サウンディング試験)で調べます。

ちなみに、100年前のスウェーデンの鉄道で使われるようになった調査法なので、スウェーデンの名前がついているそうです。

SSより深くなると、ボーリング調査しか無く、そうなったら調査費はもちろん、地盤補強費も膨大となります。

上の写真で、先端にドリルが付いた鉄のロッドを荷重をかけてねじ込みます。

硬い地盤なのか、たまたまそこに石があるだけなのか、それを判別するため、一旦それ以上ささらなくなっても、ハンマーでガンガン叩きます。

悪いデータ出ると困るので、
『あんまり強く叩かないようにしよ…』
と、ついつい思ってしまいますが、悪いデータを良いデータと見誤る方が危険なので、ここはガンガンと。

 

ちなみに、住宅の場合は、地盤調査の結果、保証会社が「そのままでOK」もしくは「このような地盤補強が必要」と判定を出し、その通りに施工をすれば、万が一建物が沈下しても、免責無しの5,000万円までの補修費が出ますので安心です。

ただし、上記のように、住宅以外の車庫棟や倉庫棟などは、この保険に入ることはできません。

 

とりあえず、調査の結果は危惧していた弱い地盤ではなく、一安心。
さぁ、首を長ーーーく、楽しみに待っていただいているお施主様ご家族のために、頑張りましょう!
堀部事務所の担当所員さんも、きっと
「夏休みなんか要らないから図面描きまくりますっ!」
と言っている、はずだ!

2019年07月30日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.