イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

地震は確率年ではない

昨日の大阪の地震。
遠く静岡で想像していたより遥かに大きかったようですね。
何より、小学生の女の子がブロック塀の下敷きになって亡くなってしまったのは、同じ小学生の娘を持つ親として心が痛みます。
ご冥福をお祈りします。

建築関係者が見れば、
「こんなに高く刺し筋だけで積んじゃだめだよ…」と誰でも分かる危険性ですが、素人目に見ても「これ、地震が来たら危ないよね…?」となっていたのでは、と思うと、対応ができなかったものかと悔やまれます。

ただ、人間て、最悪のことばかり想定していたら不安で生きられない生き物なんじゃないでしょうか…。
自分自身、そうです。

以下は、2011年3月15日。東日本大震災の4日後の深夜に発生した静岡県東部地震、翌日のブログの写真です。

事務所の中、エライことになりました。
でも、今朝あらためて事務所で周りを見回すと、また大きな地震が来たら、危ないよな…というところ、あちこちに。

と、書いているのに、何もしない…。

 

よく、「50年に一度の集中豪雨」とか、「100年に一度の洪水」とか聞きます。
これは、これくらいの確率で起こるという「確率年」という考え方。
50年に一度と言われていても、異常気象で50年に3回起きるかもしれないし、200年経っても何も起きないかもしれない。
「確率」だから。

でも、地震は確率ではありません。

ご存知のように、地球表面の「プレート」が地球内部のマントルの熱の影響で「規則的」に流動していて、プレートとプレートがぶつかって沈むポイントでの「ずれ」によって「定期的」におこる現象が地震です。

人間のような寿命が短い生き物には「確率」の様に見える地震も、地球規模の長い時間軸で見れば、ごくごく「規則的」に起きている現象です。

上の写真は、2年前の5月に、海上保安庁の論文が英国の権威ある科学誌「Nature」電子版に掲載されたものです。
リンク【南海トラフ想定震源域のひずみの分布状態が初めて明らかに】

1940年代に発生した【M8 クラス】の地震の震源域と、想定される東海地震の震源域の南西側に、ひずみの強い領域が延びていることが調査で明らかになり、
さらに、沈み込む海山と、地震の活動域と、ひずみの領域とが、合致することが実際に確認された、
という論文です。

地震は、いつか「必ず」来ます。
今のうちに何が出来るか?考えましょう。

2018年06月19日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.