イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

一種低層でのロフト

昨日はマクスの薪ストーブオーナー様のための薪割り会。
午後から雨で中止となってしまいましたが、皆さんお疲れ様でした。
雨降ってくるぞー、と思いつつ焦って作業していたので、写真も取り忘れ。
でも、膝が痛いのは作業の証。ま、私の膝の写真載せても仕方ないか…。

で、今度の日曜日は、年に一度のOB様宅見学会。
三軒のお宅をバスでまわります。

今週は、見所をご案内してまいります。
まだ予約は受け付けておりますので、ぜひご予約下さいませ。
【オーナーさん宅訪問バスツアー 2018】ご予約ページ

本日は、一軒目にお邪魔する富士市のお宅。

市街地にあり、用途地域は第一種低層住居専用地域。
良質な住宅地にするために、最も厳しい規制がある地域です。

基本、家しか建てられないので、飲み屋さんがあったり、ホテルがあったりすることはありません。
建てられる建物の規制のほか、建築的に一番ネックになるのが、「北側斜線規制」。

上の写真で、奥が北側になります。
北側で、「5m登ったら、1m:1.25mの斜線」より、家を高く建ててはいけません。
北側の家の庭を暗くさせないための規制です。

ですから、北側が高い片流れの屋根とか、東西に流れる切妻や大屋根はまず無理。
よってロフトもかなり制限されます。

でも、写真を見ると、二階の上にも窓があり、ロフトがあることが分かります。

ロフトを作っている時の写真。

で、こちらが完成時。
子供だと天井が高く見えますが、大男の大工だと、かなり狭く見えますね(笑)。

高さが制限される中、ロフトを作り、そのロフトがどう使われているのか、実際に見学させていただきましょう。

あ、先日様子を見にお邪魔したら、
「ロフトは主人担当なんで…」と奥さんおっしゃってました。
日曜日までに片付けてくださるそうです(笑)。

 

さて、お邪魔した目的はこれ。

住んで約三年。
化粧の梁と、壁の珪藻土仕上げの間の隙間。

天竜美林の杉の梁ですが、自然素材ゆえのバラツキと言いましょうか、隣の梁の周りは空いてないのに、この梁は隙間が…。

もちろん、完成時↑は隙間なかったんですけど。
乾燥材を使っても、隙間が出来る時にはできちゃいます。

でも、簡単に補修が出来れば、ビニールクロスに比べて、それはメリットですよね。
日曜日は、その実演もいたします。

あと、こちら寝室。
布団やベッドを置く時どうすればいいとか、そんな実際にお住いになると出てくるお話も聞けるのがOBさん宅訪問会のいいところ。

ちなみに写真では分かりづらいですが、頭のほうが随分削れている…?

これは、お兄ちゃんが昔寝る時に、無意識にゴリゴリ削っていたのだとか(笑)。
鉛筆の後ろを噛むと気持ちいい…ってあれに似た感じですかね。
ここも補修するかな。

どう補修するかもお楽しみに!

直前まで、日曜日の予約は受付しておりますが、バスなので、お席の関係上、お早めにご予約下さいませ。

女性スタッフも同乗しますので、小さなお子様連れでも大丈夫ですし、富士市・小山町どちらかのみの参加も可能ですよ。

【富士市・小山町 OBさん宅訪問見学会+珪藻土補修実演会】

恒例の勉強会【家づくり教室】モデルハウスにて

2018年05月14日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.