イベント イベント insta インスタグラム 上部に戻る

ブログ

ブログ

社長ブログ

この地で育てられた四代目です

塗装職人の珪藻土塗り

本日は、小山町の新築注文住宅現場より。
自然室温で暮らせることを目指す「びおハウス」です。

マクスが使っている珪藻土は、合成樹脂を含まない、本物の自然素材の珪藻土。

自然素材だと分かる実験も、昔色々ご紹介しました。
珪藻土の比較実験-1
珪藻土の比較実験-2
珪藻土の比較実験-3
珪藻土の比較実験-4

あぁ、四年も前かぁ…。
実験をしてくれているのは当時の女性スタッフのカオリン。
カオリン、元気かなぁ…。
カオリンは優しかったなぁ…。

あ、今の女性スタッフが優しくないとかじゃぁありませんよ…汗。


さて、
本物の自然素材がゆえに、メリットもデメリットも有るのですが、デメリットは傷付きやすい。
そして、メリットは、だからこそ補修が簡単。

合成樹脂を含まず、施工時に嫌な匂いや目のチカチカも一切ないので、DIYも可能です。
最近珪藻土のDIYも多く、こちらのお宅もDIYの予定でした。

が、訳あって塗装職人が珪藻土塗りです。
まぁ、大した訳ではございませんが、そのお話はメルマガの方で。

珪藻土の下地処理も、塗装仕上げの下地処理も、ビニールクロスの下地処理も、基本的には同じ。
なので、下地処理(パテ処理)はかえって左官職人より上手いくらいなので、数をこなして珪藻土がきれいに塗れるようになれば、プロの左官職人とまではいかなくても、セミプロくらいにはなれます。

例えば、
左官職人による珪藻土仕上げが「松」コース、
塗装職人による珪藻土仕上げが「竹」コース、
マクススタッフのサポート付きDIYを「梅」コース、
みたいにして金額的にも選べるようにしたら、お客様のためにもなるのではないかという、メーカーの井筒氏の提案で、今回の研修となりました。

普段、お客様にDIYを指導するときと違って、厳しく、ビシビシ!と指導している井筒氏。
体から珪藻土のロゴがオーラとなってでています。

富山から修行中の御曹司沢本も、随分上手になりました。
ちなみに、花嫁募集中です。
今なら富山湾の幸がもれなく付いてきます。

監督の城内は、もうセミプロレベルです。

そんなこんなで、お施主さんが手形を付けるためのスペースを残し、キレイに仕上がりました。

というわけで、完成までもう少しですが、5/20のバスツアーにて、こちらのお施主様のご厚意により、完成見学会をさせていただきます。

他の二軒は、オーナーさん宅訪問会です。
ちなみに一軒目のオーナーさん宅では、この珪藻土の補修実演も行います。

一般の方も、OBさんも、是非是非ご参加下さいませ。
お申込みは下記よりご予約下さい。

【富士市・小山町 OBさん宅訪問見学会+珪藻土補修実演会】

恒例の勉強会【家づくり教室】モデルハウスにて

2018年04月25日

Post by 株式会社 macs

About Me

img
鈴木克彦 株式会社マクス 代表取締役

毎日毎日コツコツとブログを書き綴っております。皆さんの為になることから、ならないことまで(?)幅広い内容ですので、きっとお家づくりのお役に立てるはずです!

社長ブログアーカイブ

ほぼ毎日無料相談会、開催中!

土地選び・理想の家・資金計画など、何でもご相談ください

営業しません

否定を表す手
マクスの営業マンは
0人です

ほぼ365日開催

頑張っている時計の顔をした人
最終は19時スタートなので
仕事終わりでもOK

お子様とも安心

ハートを手で包み込む
育児経験のある
女性スタッフが子守します
駐車場・キッズコーナーあります
fb ig 友だち追加
Copyright@2016 MACS. All RIght Reserved.